FC2ブログ

記事一覧

「指示語の多さ」に思うこと

この日あそびにきてくれたのは、幼稚園のおともだち ○ちゃん (5歳5ヶ月)


○ちゃんは、下に赤ちゃんのいる お姉ちゃんで

幼稚園でも 至らないまっくすのお世話をしてくれたり、大人の会話もそばで聞いていて

「なんで~なん?」と よく質問してくる どこか大人びた印象のある しっかりものの女の子です


我が家に来たのは 初めてで、おもちゃの部屋を見回したあと

目に止まったものを、出しては すぐに「もうこれやめた。つぎこれしよう~」と言って、

次々出してきました

「つぎに それをするなら これ片付けんと、テーブルいっぱいだよ」と言うと、

「かたづけて」と言うので、「はいはい」とわたし


一方まっくすはというと、テスト中で早帰りの長女とDVDを見始めました

一緒にあそばなくて いいの?と 思いましたが、

○ちゃんをより深く知ることができると考えて、しばらく○ちゃんと二人で あそぶことにしました

幼稚園や家では、LaQで あそぶのが好きとのこと

P5231750.jpg
ビルダーシステムのタイヤを使って 何かを作りたい様子

・・・で できたのが
P5231751.jpg
同じ車のようなものを2台作って、牽引しています

アイデアが浮かぶようで いろいろ試しながらすすめていきます
パーツが 抜けにくいと、すぐに「とって」と いいます



最も長くあそんだのが おままごとでした

「ここ おうちね。✩ちゃん(まっくす)のままは、おかあさんね。わたしは おねえさん」
P5231752.jpg
4人のこどもたちは、お風呂に入るそうです

写真奥の 人形のベッドは、洗濯機になりました


P5231753.jpg
洗濯したら干さなきゃね 急遽、紐を張りました

ここで 問題が生じました

洗濯物が多くて全部干しきれなかったのです

すると、少し考えてから 「これがかわいたらとって、ほせばいいやん」

なるほど~ 洗濯物を取り込み、次を干す作戦 いいですね

この場面でも「ほして」「たたんで、そこおいて」と なかなか お母さんは仕事をたのまれます

「そうよね。こども4人いると 洗濯物も多いし、おかあさん たいへんやな」と 
おねえさんと、家事をします

そんなやりとりをしていると、まっくすが部屋に入ってきました

何をしているのか気になったんでしょうね


すると、それまで おままごとに夢中になっていた○ちゃんでしたが、
「もう、はいってこんといて~」と すごい剣幕で怒り出しました


納得いかないまっくすも 精一杯のボキャブラリーをならべて 反撃しましたが、

部屋から追い出されてしまいました


それを機に、部屋の戸をピッタリ閉め 入ってこれないようにと椅子を置いたりして、

まっくすの侵入を防ぐことに とても気を取られていました


部屋の中で わたしと二人だけの空間を守りたいようにみえました

しっかりと、家事を再現する力がそなわっていたり、泣いている子をなぐさめたり、助けてあげることができる
しっかりものともに、
心の中では 甘えたい欲求をおさえているようにも思えました


お母さんのお迎えには 名残惜しさも見せましたが、
幼稚園でみる姿とは違う一面を みることができました

あそびにくることで、彼女のこころの杖になれたらいいな~と 思いました

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【「指示語の多さ」に思うこと】

この日あそびにきてくれたのは、幼稚園のおともだち ○ちゃん (5歳5ヶ月)○ちゃんは、下に赤ちゃんのいる お姉ちゃんで幼稚園でも 至らないまっくすのお世話をしてくれたり...

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数