あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





将来の日本は? :: 2012/06/14(Thu)

今回は 高1の長女のおはなし・・・



長女は親に相談することもなく、ジブンの夢に近づくため お金を貯めたい!と
ともだちの紹介の アルバイトをすることを決めたのでした



わたしには 後からの報告でしたが、



彼女がジブンの意思で決めたこと・職種は 小学生の学習塾のマル付けということで
黙って見守ることにしました


この学習塾とは 進学塾ではなく 補習塾ということですが
初勤務のあとは、
「やばい、問題難しくて あたま抱えたわ



オイオイ 大丈夫か

これも 彼女にとって 学びとなるでしょう




ある日、バイトを終え帰宅した長女によると・・・


「わたしのみている O初等部の中学年の子がいるんだけど、この子が 言ってたこと。


『わたしね この塾に通ってるから、進学塾に通っているクラスメートに バカにされるの。


でも、わたし その子たちより 学校の成績いいの。


あっ、これ 別に自慢してるわけじゃないのよ。感じ悪かったら ごめんね


そしたらね、クラスメートが こう言うの

「わたしは 学校に照準をあててないからいいの。塾で成績がよかったら いいの」って 言うのよ。

それって、おかしくない? 本末転倒だよね。



でも、そこで 反論すると 関係がややこしくなるから わたし そこは 我慢して黙ってるの。


その子に、チアリーディング誘われて チームに入ったけど、なんか 面白くなっかたし

やめたの。いま、バドミントン入ってるけど、チョ~楽しいよ



うちの学校おかしいよね。なにがおかしいって 親。親がおかしい


うちの学校の男子 色が白くってね。なんで そんな白いの?って聞いたら、

おかあさんが 「ケガしたらいけないから 外であそんだらダメ」って 言われてるんだって~

・・で その通りにしてるのよ~。へんなの~』 って 言ってたよ~」




その子は、長女から見て 
あたまの回転が早く、周りを冷静にみつめることができ、思いやりのある子のように映ったようです

それと同時に、今 目の前でしゃべってる子が とても小学生とは思えない といったふうな印象を受けたようでした


長女は反論したり、へんに年上ぶってエラそうにしないで話を聞くので(才能かも
友達感覚で 話しやすいのでしょう


今後 長女のはいる曜日に合わせて、通塾すると言ってたようなので
お互い 波長があうのかもしれませんね



長女を通じて 知ることのできる いまどきの小学生事情



次女の通う小学校でも にわかに信じがたい 親の奇行・発言、子のびっしり詰まったスケジュール 



また別の 私学初等部では、 併設している温水プールの底が 昇降式で
子どもたちは 必死にプールサイドにしがみついて上がることなく、
直立しているだけで プールからでれてしまうという 話



そのような小学校に入学させるため、お受験塾に通わせる親の多いこと




どんな人間が 出来上がるのか?



考えさせられますね


関連記事
  1. むすめたち
  2. | trackback:1
  3. | 本文:0
<<こども発信 | top | こどもに映るわたしとは?>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/189-09a7e50d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【将来の日本は?】

今回は 高1の長女のおはなし・・・長女は親に相談することもなく、ジブンの夢に近づくため お金を貯めたい!とともだちの紹介の アルバイトをすることを決めたのでしたわたしに...
  1. 2012/06/19(Tue) 05:16:20 |
  2. まとめwoネタ速neo