あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





徒歩の輪 :: 2012/07/09(Mon)

降園後、まっくすのお友だち○くん(6歳0ヶ月)がウチに
あそびにくることになりました


ウチにくるのは初めてで、気分も高揚しているようです♪



「ウチまで 歩きやけど、歩ける?」
「うん」



「ホント?めっちゃ、とおいよ!大丈夫?」 念を押します

「うん」



その表情から覚悟が読み取れました




よし、大丈夫!


○くん、まっくすと3人で園をあとに歩き始めたとき、


○くんのお母さんが声をかけてくださいました
「遠いから車で送っていくよ~」



先ほどの こどもたちの決意が思い出されます


・・・・う~ん


すると、○くんが
「もう~、なんでおかあさんついてくるん」






○くんのお母さんには大変申し訳ないのですが、よく言った!と思いました


彼の決意は固かったのです
もちろんお母さんは善意で言って下さったのですが、今の○くんには必要なかったようです


お母さんは心配そうな様子でしたが、

「こどもたちもその気になってるみたいだから、ボチボチ歩いてみるよ~!
家に着く頃には、お迎えの時間かもね~(^-^)/」と言って、歩き出しました


半分くらい歩いたところで、
「大丈夫?休憩しようか~!お茶飲む?」と声をかけると、


「ううん、だいじょうぶ」と、
しっかり答えていました


一方、まっくすは
「まだ~?はやくいえにかえりた~い」と不満を口にしながらも、
○くんに引っ張られるように歩みを進めていました


○くんに感謝!



しかし、この日は日が照って暑かったので しだいに体力を消耗していきます



半分を過ぎたあたりから、
口があいてきて呼吸もハァハァとしてきました



「その先にベンチがあるから、休憩しよう!お茶飲もう」と誘って・・・
しばし、休憩中



きっと しんどかっただろうに、
がんばって歩いてきた
こんなたくましい二人を見ていると、


エライなぁ~と 思わずにいられません


「あと、もう少しよ!」と励まし、


途中のすべり台でチャージして


家路に着いたのです



歩ききった○くんからは、「やったぞ!」と意思を貫いた自信のようなものが伺えました


幼稚園をあとにするときの決意、
未知の世界に対する不安、
歩いている時の苦難

それが大きな自信となって完結したのでした

関連記事
  1. 「ことわりしりそめし6歳児」
  2. | trackback:1
  3. | 本文:0
<<通園のスナップ その② | top | タカラの宝庫>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/206-ae6e4756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【徒歩の輪】

降園後、まっくすのお友だち○くん(6歳0ヶ月)がウチにあそびにくることになりましたウチにくるのは初めてで、気分も高揚しているようです♪「ウチまで 歩きやけど、歩ける?」「う...
  1. 2012/07/11(Wed) 04:56:55 |
  2. まとめwoネタ速neo