FC2ブログ

記事一覧

子育て支援課クラブ②

クラブ

楽しそうに お部屋に入っていく まっくす


わたしは 別室に 通されます

おかあさんたちが おはなし されているところに、心理相談員も 加わり
話題になる テーマを 提示されました



「どこまでこどもを ゆるす? こどもの 意志? 親の意志?」



おかあさんたちが 日常のこどものとの関わりを お話されます

困難な様子が みえます

正解・不正解もなく、そう思われるのは なるほどそうだろうと 思えます。


この話題から 何が生まれるのか?
ケースバイケースだし みなさん 家庭環境も それぞれ 違うし、
一概には 語れません。ん~ 


終わりの時間になり、こどもたちと 接していた方が 部屋に 来られ、
様子を 説明してくれます



はじめに、絵本 【どんどこももんちゃん】 という シンプルな本を こどもたちに 読んで聞かせた後
ももんちゃんの 心情の 変化をたどることを したそうです

このとき ももんちゃんは どんなきもちだと おもう? と みんなに尋ねたら
気持ちをあらわすことばが うまく 出てこなかった。

「いそいでる きもち~」 と こたえた子が いたけど
「いそぐ」は 気持ちを表す言葉ではないからね
気持ちを 表現することが むずかしいのかと かんじました、と。

さいご、ももんちゃんが おかあさんと 抱き合うところで
「うれしいきもち」 と 言った声が 聞こえてきた ということです

自由あそびでは、今日は ひとりの世界に入ることなく(?) いつも意見が衝突する2人が
相入れてあそぶ 様子がみられ よかったです

ルールのあるあそびは「フルーツバスケット」をして みんなたのしくなかよく
あそべました とのことでした。


見ていないので、よくわからないこともあります。
様子を きいても ??? な 感じです
わたしは まだ つかめていないのか? 
消化不良な 感じです。



   
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数