FC2ブログ

記事一覧

まっくす5歳後半の描画

まっくすの幼稚園では 年長さんになると、 
1学期に2度 絵画の講師がこられて ご指導いただくようです



先日は 講師の方から 担任の先生に
レオ=レオニさんの「せかいいいちおおきなうち」を 
事前に 読み聞かせするよう伝えられ、


せかいいいちおおきなうち


絵画教室の日 当日は、実際に 教室のかたつむりを見ながら
描画をしたそうなのです



教室に貼ってあった まっくすの作品をパチリ


                  (まっくす 5歳10ヶ月)

かたつむりが 2匹みえます
真上からみたのでしょうか
大きい方は 小さい丸から 一回り大きな丸を 4重にして同心円を描いて
渦巻きを表現しています
その丸は 重なることなく、見事に 大きくなっています
(あるいは その逆で 大きい丸の中に 小さい丸を描いたのかもしれません)

小さい方の かたつむりは、クレヨンを離すことなく 一筆で 渦巻きに 挑戦しています


画用紙下方には 地面があり、
地面から 伸びた 草や木のようなものが みてとれます


赤い三角状に みえるのは、どうやら スイカのようです(エサ


画用紙上方から 雨が降っていて、3次元形成の特徴が現れています


こんなに画用紙いっぱいに表現された作品を、
家ではなく 幼稚園で描いたことに大変 驚きました



まっくすは 失敗を恐れるあまり、指先を使って 何かを作り出すことに自信がありませんでした


とくに 幼稚園では、「笑われる」と言って、積極的に取り組むことはなかったのです



ですから、担任の先生に この時の様子をお伺いすると、

おともだちとグループになり、床に広げて描いたそうで、
特別 筆がすすんでいないとか、困った様子もなく、
終始 楽しそうに 活動していた


そうなのです!


ただ、描いているうちに 
パレットの中の絵の具を混ぜていくことに興味が移り、
作品の 黒っぽい色が それらしいです


与えられた主題にふさわしい表現ができ、観察できています

この絵から 自信のなさなど みえません
しっかりと 育ってきていることが感じられ 嬉しく思いました



関連記事

コメント

かたつむりの絵 素敵ですね。

そこからいろいろなことがうかがわれます。かたつむりを上から見たように描いているのは、幼児期の特徴です。
私達大人はそのようには描かないはずです。そこに大人と幼児のいろいろな違いがあるのです。昨年の10月20日の「形の表現ーカタツムリの表現の変化」もご覧になって下さい。また時間があればカテゴリー「幼児の絵」もご覧下さい。

周りにえさがあったり、雨が降ってきたり、といろいろな物語が1枚の絵に凝縮されています。空間と時間の4次元、また感情などの要素もいれたもっと多次元の世界が1枚に凝縮されて現されているのです。
写真とは違う世界です。子どもが紙の上でいっぱい「おしゃべり」をした絵をみると楽しいし、いろいろなことを思い起こさせてくれます。

Re: タイトルなし

ありがとうございます。

張り出された絵を前に 園長先生から 
どれが まっくすの絵かわかりますか? 
と尋ねられたのですが、わかりませんでした。
ホントに これがまっくすの描いた絵か?と思うほど衝撃を受けたのです
 
masa先生の記事、拝見しました。
いつもとても勉強になります。
身体が成長するように、絵は子どもたちの 内側の成長過程が見え おもしろいですね!
どんな表情で描いたのか 思いは馳せます
そんな瞬間に立ち会えるオトナが羨ましい!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数