FC2ブログ

記事一覧

嬉しい再開

リボンクラブ2日目


この日は、昨年11月にレッスンであったことのある◇くん(年中)




これは その時の写真です


半年以上過ぎての再会を嬉しく思いました
果たして、◇くんは 覚えているでしょうか?

部屋に入ってきた◇くん、「ジェリーさんは?」
名前は 覚えてくれていましたが、わたしの姿を見ても合致しなかったようです


あとから聞いた話では、わたしの髪型が以前と違っていたので
わからなかったようなのです

◇くんの記憶にどのように 残っていたのか とても気興味深いところです


さてこの日は


いろいろと会話をしていると、「ウ○チ」が よくでてきます
◇くんも その時期になったんだと 思いながら カプラを組み立てていると

トイレのようにみえてきたので 真ん中に 小さい椅子を置いてみました


「◇くん、みて。トイレができたよ」 と言うと、


嬉しそうに 「トイレ〜」 と言って


後ろ向きになり 目で椅子との距離感を確かめながら 慎重に 座りました

P7221888.jpg

これには 二人で大笑い


P7221890.jpg
トイレから出たあと、自分が カプラを倒して申し訳ないと思ったのか
緑色の カプラを置いていました

「トイレの戸みたいね」 とわたし。

◇くんと 一緒に作ったように感じられ、嬉しく思いました


それから
◇くんの目にとまる おもちゃを出して あそんでいると、


窓ガラスに カタツムリがひっついているのを発見

わたしの衝動で(ゴメンナサイ)捕まえることを提案して 外へ

◇くんの体を支えて 捕まえることに成功するや否や
なんと ◇くん、かたつむりから 手を放してしまいました


キモチ悪いとおもったのか 
または、目的が「捕る」で達成したから もう用事はないと思ったのか
わたしは 手にしたものを観察する と勝手に決め付けていたので、
この行動も とても興味深いものでした


P7221892.jpg
棒を立てて、リングを通しています
その特徴は 必ず同色を通す ということです

わたしが 色を交互に織り交ぜていると、 
「キモチ悪い、キモチ悪い」と言って、同色に直していましたから


あそんでいるうちに リングがドーナツに見えてきたようです
◇くんが ドーナツ屋さん、わたしが お客さんの役になりました

そして ドーナツの配達屋さんもしていました



11月のレッスン時は 彼の気のおもむくままに お散歩をしました

その時 階段を何度も何度も 上り下りしたことを

◇くんは このとき口にしました


わたしとしたことを覚えている


そう感じました


時間ギリギリまで トイレをこわすのを渋っていた◇くん
今後の 成長がたのしみです




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数