FC2ブログ

記事一覧

異年齢の子に読む

幼稚園の 読み聞かせに行ってきました


9月読む本の選書は 夏休み入る前の7月でした

テーマは 敬老の日があることから 【おじいちゃん・おばあちゃん】


そこで わたしが選んだのが

ばあちゃんのなつやすみ
夏休みに 孫たちの帰省を待つ おじいちゃんとおばあちゃんの様子が描かれています


この中で おばあちゃんが懐古する夏のあらゆるシーンが

今のこどもには ちょっと体験できないような


もしかすると 退屈に思えるかもしれないような

時間と空間が表現された 素敵な本です


文中には 「たもと」 「たらい」 「うみほおずき」など

現代っ子は 知らないかもという 言葉も出てきます


こどもたちに そんな過ごし方もあるんだな〜と感じてもらいたいのが狙いでした


園では 縦割り保育の試みがなされ、

このときも 年少から年長までのこどもたちに読みましたが、

終始こちらを見てない子もいたりと、

絵本の世界に入り込むには疲れてしまっている子も みえました


わがこに読むのとは違い 
大勢の前で、しかも異年齢の子達に読むのは また新鮮ですね

小さな子達も 静かに聞いてくれて ありがとう


卒園までに 再び読むチャンスが巡ってくるといいな〜と願っています



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数