あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





いろあそびワークショップ :: 2012/11/25(Sun)


先日、まっくすと二人で京都に行き
いろあそびのワークショップに参加して来ました

ホントは、ワークショップの前に行われる大人向けのいろあそびの方を楽しみにしてたのですが、都合が悪くなり
午後の親子向けのいろあそびのみの参加です

ワークショップの講師は
おかだ美保さんという方で、
パリのこども達にも同様のいろあそびをするなどの活動をしています


『風の子ふうた』
この絵本の絵を描いたのも彼女です

画用紙が配られたあと、

「さあ、雨がふってきましたよ!」と言って、一人ひとりこども達の画用紙にパラパラ、あるいはドワ~ッと
水をかけて回ると、

「何をつかって描く? 髪で描く? あたまで描く? そう!今日はゆびで描こう! 手をいろいろつかってね」
小柄な身体から、エネルギーが溢れています


パレットがわりの紙の上に載せた絵の具を傾けて流れる様子を楽しむ
さっそく始まっている模様

手をパチパチして絵の具を落とす手法?


パレットもアート作品そのもの!

ピンク・黄色・青の3色から生まれるこの色


指をつたってポタポタ落とす


まっくすとわたしの作品
わたしの作品は、どうも計算がありダメですね
こどもにはかないません


まっくすとわたしのパレットを合わせて持ち帰り、剥がしたところ
親子合作といったとこでしょうか

描画の間、おかださんがおっしゃっていたことは、

「お母さん、こうしなさい言うたらいけませんよ。なんも言うたらいけませんよ~。なんも言わんお母さん、いいお母さん」

親の余計な口出しが、こどもの描く世界を奪うものだということでしょう

私たちは、
「こうしなさい」 「やめなさい」 「~したらダメ」 「それは違う」
指示・制止・禁止・否定の声掛けをしてはいないでしょうか

それらの声掛けを多く掛ければ掛けるほど、彼らの自由で能動的な思考や表現を奪ってしまうことを忘れてはいけません


関連記事
  1. 描画あそび
  2. | trackback:1
  3. | 本文:2
<<赤ちゃん学スペシャル講座 | top | 心を打つ詩>>


comment

お久しぶりです

今日はブログへ遊びに来させて頂きました(o^^o)
k's Mommyです。まっくす君元気ですか?なんと、こちらでKのお友達
Max君がいてわぉ!っとおどろいてます。もっと、いろいろお話聞いて
子育てのスタンスを学びたかったなと思いました(^o^)
また、よらせていただきますね
  1. 2012/11/27(Tue) 18:07:47 |
  2. URL |
  3. From New Zealand #-
  4. [ 編集 ]

K's Mommyさん


ブログにお越しいただきありがとうございます!
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
時どき思い出しては、想いを馳せておりました。
Kくんのお友達にMax君がいるのですね!
なんというご縁でしょうか(笑)
26日はKくんのお誕生日でしたね
☆おめでとうございます☆
遠いと感じていたNew Zealandがうんと
近くに感じられて、嬉しいです!
また、お越し下さいね〜

  1. 2012/11/28(Wed) 00:27:51 |
  2. URL |
  3. ジェリー #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/279-59f11c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【いろあそびワークショ】

先日、まっくすと二人で京都に行きいろあそびのワークショップに参加して来ましたホントは、ワークショッ
  1. 2012/11/29(Thu) 00:42:49 |
  2. まっとめBLOG速報