FC2ブログ

記事一覧

子どもへのまなざし

こどもの発達について 学んでいくと、実に多くの発見があり、乳幼児の成長に
寄り添いたいと 思えるのですが、


思春期のむすめとは、まあ 意見が ぶつかるぶつかる

こころの底から 腹がたつのです


先日、朝 メイクをしようとすると わたしの化粧品が みあたりません

さては長女だな!

彼女は、メイクに興味が出始めて 洗面所や自室で 研究を重ねているのは 知っていましたし、
そのことを とがめたことはありません。

しかし、わたしのものを使ったら 元の位置に もどしておいてね

とだけ お願いしています。

・・・にもかかわらず、なくなったものを探して 発見するのは たいてい 彼女の部屋


今回も、きっと 彼女の部屋だろうと 探しますが・・・



でてきません


いつもの場所も 丹念に見ましたし、彼女の部屋からも 発見できず

それでなくても 朝は 時間が ありません

刻々と過ぎる時間に 苛立ちが 募ります・・・



寝起きの娘に 問いただしますが、「知らん」の 一点張り

「ぜったい 持ってるやろ! いつも部屋からでてくるやん、はよ だしてよ」 怒りが おさまりません


わたしに怒りをぶつけられた娘は 不服に思いながらも 疑いを晴らすため探します・・・



***少したって***


「あるやん! いつものところに ちゃんと入ってたよ!! ほら、わたしじゃなかったでしょう、
あやまってよ」 と むすめ



まさか


あんなに みたのに。 出てくるなんて信じられない~
「あやまる」? なんでよ! いつも元どおりに直さないんだから 疑われてももっともでしょ

わたしの 怒りがおさまりません
わたしの 非を 認めることができません


これには、思春期 かみつきます


正しい・完璧だと思っていたおとなの、 不完全な・間違う姿に 矛盾を見つけると、
全力で 責めてきます。そんな時期です。

ふたりとも、平行状態で その日の朝は わかれます・・・



こどもの気持ちに寄り添いたいと願うジブン
自分の非を 素直に認められないジブン



まだまだだな~




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数