あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





ピザの配分 ~数の保存~ :: 2011/11/05(Sat)

昼食に ピザを焼きました

今回は、私とこども3人の 4人分を 次女が 縦横十字に包丁を入れて1/4に 切り分けます。



   ****ここで ピザは 4つに分けられ、1つ分が 1/4に なりますよね***



わたしが うどんを作っている間に こどもたちは 自分の分を 食べはじめました


残っている私のピザを (食べやすいように?)次女が さらに半分に切り分けてくれていました。




   ***私のピザは 全体の1/8の大きさのものが 2枚に なります***



自分の分を 食べ終えた まっくすが 
「ずる~い ママのだけ 2つある~ 1つ ちょうだ~い


これには、お姉さま方 だまっていません
いくら 歳が離れていても、いくら かわいい弟でも、それを認めるほど おとなではありません
容赦なく正論を 述べます


姉: みんな同じになるよう 分けたんだよ。

ま: でも、ママの 2つあるやん 多いやん

姉: それは 半分に切っただけで、全体の量は かわらないの~

ま: 多い! 多い! ママの方が 多い~ ずるい~ ぼく 1つだけなのに、ママは 2つ~」




ここを 理解できる領域には まだ達しておりません

そう思うのは 仕方ないな~ と 思います

しかし、ここで まっくすにピザをあげると 今度はお姉さま方が 不服を申し立てることになるので・・・



それはそれで、

私: そうね。ママのピザ、1回切ると 2枚になったね~。1枚 多いね。

と、まっくすの言うとおり 数が多いことは そのまま認めて、2枚を重ねて 構わずパクリ

まっくすが 欲しそうに横でピッタリ見つめ「ひとくち ちょうだい」というので、ひとくち食べさせてあげると もうそれ以上 何も言わなくなりました



1/8が 2つで 1/4と 同じであることが 生活の中で体験できれば よかったな~と、

その機会を 逃したことを少し悔みましたが、これは またの機会に・・・

PB050582.jpg
高低差を考えて、玉の道を組み立てます。ビー玉をせき止め、一気に転がすようです。

PB050584.jpg
グッと 集中したあとは、ミニカーを激しくぶつけ合い発散します。姿勢もリラックスしています。



関連記事
  1. かず
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<おもコーの 続き ~積み木遊び~ | top | 子どもへのまなざし>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/29-ce5a5dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)