あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





まっくす6歳5ヶ月 :: 2013/02/18(Mon)

最近、車に乗ったとき必ずするのは

『今、何度でしょう?』と質問して気温を言い当てっこすること

車には、ボタンを押すと外気温を表示する部分があるのです(デジタル表示なのが残念ですが・・・)


皮膚で感じられる感覚を大事にしたいと思い、気温に関心を寄せるよう意識して生活しています


夏の暑いときは、35℃を超えること

冬の冷たいときは、2℃くらいになることを知っていて、

「いま、何度でしょうか?」と言うと、窓を開けて手の平で温度を感じ取り、言い当てることができます

今の季節だと、10℃を超えるとかなり暖かく感じられるなどの感覚を数字とリンクさせて身体に取り込んでいます!


ポケモントレッタ

あんまりお勧めしたいとは思いませんが、パパと二人の共通の楽しみのようです

たくさんいるポケモンの名前を読みたい!知りたい!という動機で
あっと言う間にカタカナを習得してしまったようです


ひらがなの読字もすすみ、先日は幼稚園から借りてきた『11ぴきのねことぶた』を「まま、読んであげるから聞いといて」と言って数ページ読んでくれました!


今まで読んであげることはありましたが、読んでくれる日が訪れるなんて想像したこともありません

たどたどしくも集中を切らさず、懸命に読んでくれる姿に頼もしさを感じるとともに、字をもたない幼児期ならではの世界が失われていくようで寂しくも感じられます


こどもたちは、字を覚えてしまう前は
どんなふうに絵本のお話を聞いているのでしょうね


そこには、自由で豊かな想像の世界があるのではないでしょうか?


読字を始めるようになると、「感じること」より「読む」ことに関心が奪われますよね

あ~、少し寂しいな~


それから、驚いたことがありました


洗面所でつかっている足踏みペダルのゴミ箱が経年劣化?で、踏んでもふたが開かなくなっていたのを、


まっくすが、床に這いつくばるようにペダルの裏側を見たあとに、

修復してくれたのです!


え~っ、すごい!
どうやったの?

と聞いたら仕組みを交えて説明してくれました


随分と論理的な思考力が育ったものです


どこへ行くにもついて来る子でしたが、留守番もすすんでするようになりました


今、お気に入りのボードゲームは

『デンジャラスフィッシュ』と『ココタキ』
魚のゲームは、絶対にわたしが負けてしまうので気分がいいようです

(わたしは、悔しくて仕方ありません~!)


幼稚園の年長組の教室の入口には、


『卒園まであと22日』とカウントダウンが始まっています


わたしもまっくすも、まだまだ幼稚園に通いたいくらいです

(わたしの方かな?)

それでも一日、一日が過ぎていきます


関連記事
  1. ̾すくすくまっくす
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<赤ちゃん学スペシャル講座 | top | 冬の日>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/303-070bbec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)