あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





まっくす6歳8ヶ月 :: 2013/05/05(Sun)


ここ最近、毎日のように出番のある汽車あそび

まっくすは電車に乗ってのお出かけの時、不安や緊張もかなりうまく対処できるようになってきたように感じます


実在する身近な駅をわたしが作ると、最寄りの駅や知っている地名を次々言い、駅が増えていきました


それに加え『あるくとこ』と言って、プラットホームを積み木をつなげて作り、その先に自動改札機なるものも作っていました


積み木と積み木の間に紙で作った切符を入れると、ゲートが開きます

切符を券売機で買ったり、自動改札機に入れたりすることに興味があって、
毎回したがるので、
これらのことがあそびの中で表現されたのでしょう


カヤナックという氷原に見たてた紙に穴を開けて魚を釣るゲームをしたあと、穴の開いた紙を見るのが好きです


必ず「うわ~っ!」と言って見ます


見ていると、部屋を暗くして、この紙に光を当てるとどうなるかな?と思いつき、まっくすに懐中電灯をとってきてもらいました


紙の後ろから壁に向かって光を当てました


うまく写っていませんが、無数の光が壁に映し出されました


まっくすは懐中電灯や紙を上下左右に移動させ、光が動くのを楽しんでいました



そのあと、影絵を楽しみました



関連記事
  1. ̾すくすくまっくす
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<母達の奮闘 | top | 仲間入り>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/319-2d75fb07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)