FC2ブログ

記事一覧

思い通りに動かせる指先

コマが好きな年中さんの男の子
小さなコマは指先で、大きなコマは両手を使って上手に回すことが得意です



小さなパーツを根気よく六角形の枠に入れています

写真のプリズモコマを回すと、見え方が変わるのでジィーっと見て、
「キラキラはよく見えるね。あっ!赤も見えた!緑も見えた!」


次に目にとまったのはコレ

玉の道

この玉の道作り、限られたパーツしかなく、実は毎回「アレ?どうやって組んだら上手くいくんだっけ?」とわたしが悩むため、前日にタワー部分だけ(可動部分も残しつつ)木工用ボンドで接着したのです

写真は、可動の積み木を組み合わせて玉の道を作っているところです

指先の微妙な力加減で調整します
1ミリでもズレたり、隙間が空くと玉は上手く転がりません

止まるたび、原因を見つけて微調整を繰り返しています

彼の興味を引いたのは、転がした玉のどの色が一番に出てくるのか?

ということでした

一瞬で次々転がり出てくるので、わたしは何度か見逃すこともあったのですが、彼は見事に玉を指差しながら
「1ばん2ばん3ばん4ばん」と言っていました



ゲーム「スティッキー」を出してきました
わたしは利き手ではない方の手で勝負!
「コレは、大丈夫!」と倒れなさそうな棒をアドバイスしてくれます

自分以外の他者をも思いやる気持ちがあります

この後、「こうしたらいいかな?」と自分流のアイデアやルールを試してみる様子がありました



ホッケーゲーム
彼の力強いスライドから、身体全体の能力を発揮したい!というパワーがみなぎっているように感じました


お母さんにお話しを伺うと、家では
サッカーや戦いごっこなどが好きなのだそうです

身体を大きく使った粗大運動や、思考を重ね、指先を使う微細運動のバランスが大切です


これからも、彼の「好き」に注目していきたいと思います


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数