あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





まっくす6歳9ヶ月 :: 2013/06/10(Mon)

小学校生活がスタートして2ヶ月経ちました


始めのころは、新しい環境に疲労困憊といった様子でした

学校の流れに合わせようと彼なりに必死だったようで、


学校の様子を話してくれることもありませんでした

彼が体験していることは、とても言葉にして表せなかったのでしょう


長女がまっくすに、
「学校どう?」と尋ねると

「やすみじゃないのがながい!」と答えたそうです

授業時間40分間を、座って過ごすのが苦痛なのでしょう

よく頑張っています

それでも家に帰ってくると、約束したお友だちと行き来し、楽しそうに遊んでいます

幼稚園が違っても、彼にはなんら問題ありません

友だち作りは得意なようで、
毎日バットやグローブ、サッカーボール、

今日は、虫網を持って蝶を追いかけて出ていきました~


先日は、

今まであまり登場することのないリグノとネフスピールを組み合わせた作品に挑戦していました

写真の作品はリグノの円柱をどう使うのかがポイントになるのですが、
何度か失敗を繰り返して半分までの長さで連結できることを発見しました!

これまでにも、立体的に構成させるような積み木遊びはあまりしませんでした


指先が不器用で細かにコントロールすることが苦手なためでしょう

上手くいかない腹立たしさから、失敗するとすぐに投げだしてしまっていましたから、

ずいぶん成長したものです



その後、自らこれまた普段登場することのないパターンブロックをはじめました

最初、「これ、おれできる!かんたんや~」と言って、調子よく『ヘビ』に挑戦していましたが、


ほどなくして、「ヘビかんたんすぎるからやめよ」と言って、

もっと複雑なパターンを選び、ささっとこなしました




夜、わたしが組んだ積み木の城に
翌朝、先に起きたまっくすがラキューの龍や動物を置いていました


龍のお城なのだそうです


先日染めた手ぬぐい

自分の作品を裏返して見たり、顔に当てたりして全身で感じています


おやつの昆布を半分に分けるようお姉ちゃんに言われました

「個包装されていないおやつは、はかりを使うと上手く分けれるよ」とお姉ちゃんは料理用のはかりを示したのに対し、

まっくすが急いで取りにいったのは、写真の天秤はかり


はじめは慎重にひとつずつ左右に載せ、どうしたものか考えまとめて左右にいれ分けました

一方が下がり、また考える

上がった方の昆布を取り、下がっている方に加える


変化なし


でも「同じ」ではないことはわかっているよう

何度か試行錯誤を繰り返し、しまいには分銅も足し始めたため、

「分銅は食べないから、分銅は出そうね」と助け舟

まっくす苦笑い

ついに、下がっている方の昆布を上がっている方に加え、釣り合いました


満足な表情

これでやっと食べれます~


最近は、クラスの出来事、お友だちの持ち物、隣のクラスの転校生のことなど断片的に伝えてくれるようになりました


小学校に入り、教科学習がはじまりました

「学ぶ」こと「知ること」に新鮮な出会いがあってほしいし、

何より、「考えること」は楽しい!満足につながることだと感じ続けてほしいです


関連記事
  1. 「ことわりしりそめし6歳児」
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<わたしの雑感 | top | 思い通りに動かせる指先>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/337-22501a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)