FC2ブログ

記事一覧

兄弟


ビルダーシステムであそんでいます
◆くん(5歳4ヶ月)



弟の◇くん(3歳6ヶ月)

前回◇くんが一枚目写真のバイクを、説明書をみながら部品を選び、接続する箇所を確認しながら制作していた途中でした


まだ正確に部品を選ぶことは未熟な部分もありますが、
「バイクを作りたい!」という明確な目的を持ち、全体像を捉え平面から立体へと組み立てることができます


今回はその続きを制作していましたが、興味が上の写真のように全ての穴にビスを埋めることに移り、お兄ちゃんの◆くんが引き続き制作してくれました


この二人、年子であるため
お互いがしていることが気になり、一つのものを取り合いケンカになることもしばしば・・


リボンクラブでは、多くのおもちゃがあるので、はじめはそれぞれ別のモノで遊ぶのですが、次第に引き寄せ合うように衝突します


お母さんにお話しを伺うと、家でも同様のことが起こるそうです


一人ひとりに課題を分け、集中できる環境があるとよいのでしょうが、
家族であり、お母さん一人で二人を同時にみるのは、どこの家庭でも起こるあるある話なのかもしれません



共通の一つのことをする場合は、それぞれに役割を当てたり、順番を守る練習にしたりと、そこに大人の工夫も必要になってきます


バイクを作り終わり、◆くんが次に熱心に取り組んでいたのが、
ビルダーシステムで釣り竿作り


パーツの特徴を生かした実によくできた釣り竿ができました

リールを回すと、本当に糸を巻き取ります

◆くん、この仕上がりに得意げな表情をみせます


そこでお魚を作り、釣りをしてみることに・・



テーブルの真下が海という設定で、椅子に乗り、釣り糸を垂らします


「引き」が、獲物がかかった合図であると教えてくれました


なんでも、◆くん、お父さんと本当の釣りをしてみたいと思っているところだそうです





帰る間際、◇くんが何度挑戦しても上手くいかない!とイライラしていた
4つの鳥居みたいなもの


お母さんに手伝ってもらいながら、なんとか完成し満足そう

(木の土台にあわせて)4つ同じものを作ることを、既に想定した手の動きでした

ここに「秩序」があります

◇くん、よくがんばったね!



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数