FC2ブログ

記事一覧

秋のおさんぽ会

19日、池田ルーム初の屋外イベントであるおさんぽ会をしました。

おさんぽといっても、目的地を『滝』と決めていましたから、滝道を歩くか否かはこどもたち次第なのです。

明け方からの小雨が残ったため、1時間送らせてのスタートでした。


箕面の滝道は観光地でもあり、紅葉の季節には府内外から観光客でいっぱいになります。
普段でもウォーキングに汗を流す人々が行き交います。


箕面名物もみじのてんぷらに舌鼓


脇を流れる川に魚を発見!


途中にある昆虫館に寄り道・・

二人とも、昆虫に興味があるようです。


このトンネル内に入ると、ミツバチの羽音が聞こえると知り、すばやく荷物を降ろして体験!

「聞こえた!聞こえた!」



「放蝶園」と呼ばれる特別なこの館には、数種類の蝶が放し飼いにされています。
綺麗な蝶が目の前を通り過ぎ、捕まえたい衝動に駆られますがお約束を守り「見るだけ」に徹します。

まるで宮殿に住むお姫様のお庭のようです。



絵柄を選び、ぬりえに挑戦!
身の回りの生活に密着したものに関心を寄せます。


鉛筆削りに格闘中
右手と左手がそれぞれ違う役目を果たします。
力加減や手応えを感じられ、物のしくみに触れられるため電動より手動がオススメです!




お腹が痛い・・
お腹すいた・・
抱っこしてほしい・・

二人とも不安を口にします


そうだね。と認めつつ、励ましながら歩みを一歩一歩進めます。

きっと、お母さんならこんなとき抱っこしてくれるだろうに。
でも、ジェリーさんはしてくれないから
頑張って歩かなきゃと自分を限界まで奮い立たせていたことでしょう。



沿道の案内表示も心の支えとなります。
距離が縮まることが目に見えてわかりますから、ふたりとも距離を逆算しながら、「次は・・キロメートルやな!」と言い次の案内表示を目指します。



ジャ~ン!
遂に目的地に到着です。
スタートから寄り道をしながら約2時間かけて2.8kmの道のりを自分の力で歩ききりました~。


シートを広げ、お弁当を食べ終えると、まさかの川あそび!

この日の気温19℃。
じぃ~っとしていると肌寒さを感じるのですが・・



冒険心は抑えず、早目に切り上げることにしました。

自分で持ち物を片付けます。

「お手伝いがいるときは言ってね。」とだけ言い、わたしは見守ります。

大きなシートはどうしたらリュックに収まるのか? たたみながら、リュックの大きさとシートを比較しています。
「あともう一回やな」と言いたたんでいました。

リュックに入れるときだけお手伝いし、その他はほぼ自分でしていました。









二人とも1m30cm位の高さのある石垣からジャンプ!

帰りは、来た道を引き返すという見通しが立っているためか、道ではないところや行きには目に止まらなかったところへ
果敢に挑む余裕があるようです。

二人の仲もグッと深まったようで、
コソコソと企んでいるかのような表情で「ジェリーさん、先行ってていいよ~」と、わたし一人を先に進ませて、ずっと後ろの方からついて来たり・・

で、予想以上に降りてくるのに時間がかかってしまいました。


秋の味覚も味わいました。

始めは、剥けないから剝いて~と言ってましたが、して見せるとこの通り!
自分で剥けるようになりました。(皮をカゴに入れているところです)

(本当はこの栗をご飯の後で、三人で同じ数になるよう分けることをしたかったのですが、上がる途中に食べ過ぎたようで3個だけしか残りませんでした。)



「ちょっと~、ぼくのリュック閉めて~」

「あっ!ぼくがしてあげるよ」


辛いことを乗り越えた二人は、楽しみや協力すること、ちょっと危険な?冒険にもチャレンジし、立派な5歳の男の子だな~と頼もしく感じました。

お地蔵さんの前で手を合わせているところを「感心な子達やな~!」と頭を撫でられたり、

川の魚を見ていると、
「あれはナマズで、こっちはオオサンショウウオやで」と知らないおじさんに教えてもらったりしました。

足が止まりそうになると、降りてくる大人が「あともう少しよ~!」と励ましの言葉をかけてくれました。

こどもたちは、自然のなかで地域の人々に支えられ大きくなっていくんだな~と
実感した機会となりました。


予定より遅くの集合や解散時間となったにもかかわらず、こどもたちのために快く送迎して下さった保護者のみなさまに深く感謝致します。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数