FC2ブログ

記事一覧

もっと自分を出してイイ!

ことばの理解が優れている○ちゃん(3歳5ヶ月)

前回のリボンクラブの出来事をよく覚えていて「きのう」という過去を意味することばを使ってお話ししてくれます。

もちろん「きのう」ではないのですが、
過去の自分と現在の自分がつながっているということを理解していることがわかります。


釘打ちのおもちゃで10分くらい遊んだあと、棚に置いてあった針金がバネ状にクルクル巻いているものを発見!

「コレ、なに?」

お母さんのお話しによると、最近バネやネジに興味があって自転車などの細かい部品をジッと見つめることがあるそうです。

「じゃあ、○ちゃんもこんなバネつくってみる?」と誘うと、提案を受け入れてくれました。

工具箱から針金を出し、ペンチの使い方を見てもらうと、○ちゃんも切ってみたい!と意欲がムクムク。

力が足りなかったので、一緒に切りました。

筆に巻きつけてバネ完成~♪

その後、あそびが定まらない様子だったので描画に誘ってみました。

リボンクラブに長~い筒があり、コレなんだろう?と不思議そうだったので、
筒に描いてみることにしました。

筒に描いたあともまだまだ描きたそうだったので、今度は画用紙を。

四隅をテープで留めて、



これまでのお行儀の良い感じの○ちゃんからは想像もできなかったなんとも大胆なストロークに驚きました!

どこか、緊張や自分の内側を全て出すことを抑えているようなところがある○ちゃんでしたので、
こんな表現ができることに安心しました。

この描画のなかに、「かお」や「さかなのほね」を描いて教えてくれました。

わたしとの間に信頼関係が築けていけたら、もっともっと自分を解放することでしょう。

そんな日を楽しみにしています。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数