FC2ブログ

記事一覧

こどもの未来無限大

書初めの様子


書き終えて「き」と言いました。
素直な綺麗な線ですね。


「リンゴと木」だそうです。
細筆に持ち替え、サインを入れてもらいました。ここでも「リンゴと木」を描きました。
自由にのびのび描かれています。


リクエストにお応えして、OHPあそび


半紙に写した墨マーブリングはどうなるか?試してみましたが、グルグルは映りませんでした。

鏡を動かして光のスクリーンを移動させていました。
天井に写すとヒンメリやさかなのモビールの影も見ることができます。
下に向けると光はテーブルの下にもぐりこんでいきます。
あれ? どこいっちゃったの?

透明な色積み木を操作し、映し出された映像にみんなうっとりしてしまいます。

わたしは、今話題の3Dプロジェクションマッピングが思い出されました。
あれはどうなってるんでしょうね。
以前、テレビでチームラボの特集を観ました。映像をデジタル処理して動きが現れるのです。




昨年夏に行った魔法の美術館でも同様の表現に触れることができ、大変驚いたものです。

こどもたちが成人を迎える頃には、今では想像もつかない職業が生まれ、そこでイキイキと活躍しているのかもしれません。私たちは決めつけず、既存のものに縛りつけることのないようにしなくてはいけませんね。




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数