あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





希望 :: 2014/01/28(Tue)

先週末、熊本のリボンクラブに行って参りました!

土曜日・・

にぎやかに過ごしましたが、写真を撮るのを忘れていたので、撮れたものだけ。

もうすぐ6歳になる○くん。

釘打ちをするなど、○くんの創作意欲に任せて見守っていると、このようなものができました!

名付けて「へんなもの」

なが~い吹流しのようなものを取付け、
2階から垂らすのだそう。

「二階から目薬」ならぬ、「二階からへんなもの」です(笑)!



頭の中に設計図があるのでしょうか。

付けては外しを繰り返しながら、少しずつ大きなものが出来上がりました。
わたしが手伝う余地はありません。

これなあに?の問いには、

「へんなひとが乗る へんなもの」だそうです。

時間中よく発することばは、「へんなもの」や汚い言葉のオンパレード!


こどもは大人の世界とは違う世界の住人です。一定の範囲内で、汚い言葉を使ったり、お行儀悪く振舞ったり、反抗したり、破壊したり、思い切り身体を動かしたりすることを許されながら、自らを修正していくので、


あそびの世界で発揮させてあげたいですね!


自然の野山を駆け回ることができれば、
そんなこどもの心を全て受け入れ、許してくれるのでしょうが。


翌日、日曜日はあそびのアトリエ の開設講座に混ぜてもらいました。

この日最終日で、新たに2名のスタッフが誕生しました。

あそびのアトリエの理念を学び、そこはスタッフ共通ですが、マニュアルなんてありません。

こどもは一人ひとり違うし、また、私たち大人もみんな違うのですから、出会うこどもとスタッフによっても、
遊びかたは全く同じのはずがありません。そこが魅力です。

金太郎飴を量産するのではないのです。

わたしは、こどもの発達とおもちゃについてお話しさせてもらいました。

みんなの前で何かを話すなんて慣れないことで緊張しましたが、温かく聞いて下さり感謝します。

スタッフもこどもに負けず、がんばっています~。

年長児のカプラの課題「家」



となりの家が二階でつながりました~!


難易度が上がります!



何段も積み上げることに挑戦中のスタッフ
なんと5段まで積み上げましたよ~!


おまけ

ジジさん作「かに」


数ヶ月に一度、熊本に行っています。
「大変ね」とか「行かなあかんの?」と心配されることもありますが、

これまで大変だと思ったことはありません。


同じ志を持った人たちに会い、話しをすることは嬉しいことだからです。
元気が出るからです。
よし、がんばろう!と意欲が湧くからです。

このたび、そんな仲間が増えた喜びはいうまでもありません。

みんなそれぞれのパーソナリティを生かし、素敵なリボンクラブが増えるのは
「希望」なのですから。


関連記事
  1. リボンクラブ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<驚くべき2歳児② | top | 幼児期には「先生」ではなく「なかま」>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/447-bc421c8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)