あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





「吹く」 :: 2014/03/06(Thu)




これは、2歳5ヶ月の☆くんが描いたものに、ストローを使って仕上げたもの。

あんまりにも水分を含んだ状態で☆くんが「終わり」を決め、
満足しきっていたので「吹く」ことをして水分を広げたのです。

しかし、この「吹く」は、2歳児にはとても難しい!

私たち大人も普段の生活の中で「吹く」のはどんなとき?と考えてみると、

熱いものを冷ますとき、

タンポポの綿毛を飛ばすとき、

こどもに頼まれて風船をふくらませるとき、

その他、口笛・ラッパ・シャボン玉をふくとき・・


う~ん、どれもこれも常時することではないなぁ~というのが率直な感想!


意識していないけど、これらのことをするときは、呼吸時の「吐く」に比べると、
より口元に注意が必要で、お腹に力が入っていると感じます。


以前、おもちゃの資料で「吹く」は「発語」と関係しているというのを目にしたことがあります。

そう言われると、私たちはしゃべるとき
息を吐き出しながらしゃべっていて、
吸い込みながらはしゃべれないなぁ~と
気づいたのでした。


普段あんまり気にすることないし、
することもないこの「吹く」という運動。


普段の生活や遊びに少し意識して取り入れてみると、新たな発見があり上の写真のように楽しめるでしょうし、
発語を促すことにもつながるともいえるのかもしれませんね。

特に幼児期には、身体の全ての機能をバランスよく使って高める必要がありますから!



関連記事
  1. いやだ!ちがう!2歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<わたしのユメ | top | ゆっくりでいい>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/473-c24c29dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)