FC2ブログ

記事一覧

春のやまのぼり会 ②

日の丸展望台に到着し、お待ちかねのお弁当タイム♪

お母さんの作ってくれたお弁当はおいしいね~。






お弁当のあと、遊具であそんでいます。



持ってきたおやつを交換しているようです。


この日初めて会うお友だちとも、目的を共にして過ごした仲間としてコミュニケーションを取ることができます。


「ねぇ、それどんなお菓子なの?」

おやつが仲立ちしてくれます。


用意したおやつを分けています。

人数を数える子
人数分、容器を広げる子
おやつを1 個ずつ分ける子
余りをもう一度配る子
抜けがないかチェックする子

分担してみんなでします。


「きねんさつえいするから、みんなきて~」と呼びかけてくれる子。

帰る用意ももちろんジブンデ。
どこから片付けたらよいかわからず困っている子には、順を追って一つずつ取り組めるようなサポートをします。
こどもの問題を大人が代わってしてしまうのではなく、ジブンデできるよう助けます。


下山の様子

帰りは別のコースで下りました。

人工的なアスレチック要素の吊橋が見えてきました。
登るときロープを選択しなかった子も挑戦していました。
これには驚きです!

「登り」で自信がついたのか?
これなら挑戦してみたい!とおもったのか? 立派な冒険家です!


慎重に慎重に・・・

コワイけれども、途中まで来てしてしまったため後にも引けない!
進むしかない!緊張しながら、しかし歩みは確実にしっかり一歩一歩進んでいきます。


切株にゴルフボールが詰まっているのを発見した模様。

なんとか出そうとあれこれ試した結果、
テコの原理で・・なかなか知的です!


大声を出して、
思い切り走って、
からだ全体を使って、

ハイテンションのこどもたち。


一人でやり遂げた達成感は自己肯定感を強め、
成功体験となって彼らの記憶の一部になることでしょう。

あかちゃんをおんぶしてサポートに徹してくれた上本町ルームのニーナさんに感謝します。ありがとうございました~♪











関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数