FC2ブログ

記事一覧

アンテナいっぱい!

この日8ヶ月を迎えました。
わたしと目を合わせても、今回は泣きませんでした。

★ちゃんの前でミニドールを写真の青の入れ子で覆って見せました。

ドールを探索することはしません。



時折、ひざをつき腹部まであげることができます。重心が胸から恥骨部に移っていっています。



旋回して何かに向かっていきます。


「紐」への到達行動と把握。
そして、口へ運びます。
手足がよくパタパタ動くので、そのうちに★ちゃんに紐が絡まりそうです(笑)


★ちゃんの前に、ゆっくりスロープを下るおもちゃを置いて見ました。

左から右へ移動するおもちゃを見ています。
このあと、見たものに手を出して掴みました!


もう一つ

右手が掴みにかかります。


今度は、右から左へ。
ゆっくり動くものは追視でき、何度でも見ます。




今度はハウスクーゲルバーンを目の前に置き、ボールを転がしてみました。

これはボールが早いので、手が出せません。

何度かして見せていると、
★ちゃんの視線がボールを追って下に向いているとき、わたしがボールを掴んで挿入口に運ぶと、★ちゃんの視線も上部へ移動していることに気がつきました。

ここから始まる、スタート地点と知っているということでしょうか。

あるいはボールを目で追っているのか?

試しに何も持たず、手を挿入口へ持っていくと、なんと★ちゃんはまたも挿入口を見ました。


つまりボールではなく「動く」手を見ているのです。


次に支座位の姿勢で、先ほどよりボールが転がる時間の長いクーゲルバーンを見せました。

始めは★ちゃんの目の動きより、転がるボールの方が早くて追いつかなかったけど、
何度かするうちに、頭を左右に動かしてボールを目で捉えていました。

下に落ちたボールを手にして、上部に置こうとするしぐさも見られましたが、
まだ手を離すことができませんでした。


わたしが抱っこしても、泣きませんでした。前回のように人見知りは見られません。
しかし、安心を求めるときは必ずお母さんの元へ帰っていき、抱っこされて満たされると再び探索を始めます。
人見知りはしないけど「お母さん」と「他者」の違いは区別できているということです。

母子間 に愛着が形成されていることがわかります。

支座位は身体の自由度が増し、最も好む姿勢のようです。支座位から両手を伸ばしてうつ伏せへと姿勢を変えることへも次第に移っていきそうです。

仰向けの姿勢のとき、対面して両手を握って身体を起こすと、首もしっかりついてきます。
寝かそうと戻すと、起こすときより早くにグラーンとなるようです。


★ちゃんは機嫌よくあそび、よく発声していました。

また、お母さんからの報告によると「怒る」など感情の分化が見られるようです。

この時期の大切なこととして、次のようなことが書かれています。


赤ちゃん自身が目標をとらえるような自発的な活動に導くことです。手であそぶことが必要だとして、おもちゃをいきなり手にあたえるのではなく、赤ちゃんがまず目と気持ちでとらえるようにしめして、赤ちゃん自身がそのおもちゃに到達したくなって手にとるように、いわば心の手の育ちを大切にします。もたされてもつのと、自分でとりたくて到達してもつのでは、発達的意味がちがいます。赤ちゃんが目標をうけとめ、自発的な活動をおこしていくように援助を工夫しましょう。

「子どもの発達と診断1」著:田中昌人/杉江

危ないからといって、赤ちゃんをゲージに閉じ込めて活動範囲を制限している場面をよく見かけますが、それでは興味を持ったものに手を伸ばして到達することができませんよね。

赤ちゃんが興味を持つものはおもちゃや目を引くカラフルなものとも限りません。

赤ちゃんの「なんだろう?」は、目に映る全てのものに向けられています。
大人からすると、へ?それ?というようなものもしばらくあそび続けます。

手にして「わかる」につながっているのです。

この時期に大人がしてやれることは、
しっかり動けるようにしてやることだと思います。

そのためには、たくさん服を着ていたら動きにくいし、活動範囲がせまいと動けません。

誤飲や転落などの事故には十分気を付ける必要がありますが、
期待を持ってこの世界と出会えるような環境を整え、この時期の赤ちゃんをよく知ることにつきます。



この日なぜかお気に入りに選ばれた透明ファイル。

噛みごこち?透明だから?








関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数