FC2ブログ

記事一覧

春のおさんぽ会①

とても気持ちのいい晴れた日。
おさんぽに行ってきました。


出発~!

今回のおさんぽ会は、プラネタリウム鑑賞と、

途中の公園で寄り道しながら、アスファルトで舗装されていない砂利道や急斜面
も歩きます。



木登りに挑戦~!


この写真の中に何人こどもがいるかわかりますか?


ブランコだって立ち漕ぎで、こんなに高く漕げるよ~!


ぼくも登りたい!挑戦中!!


頭を集めた視線の先には虫・・



五月山児童文化センターに到着。

10時前に出発して、11時半に着いたので
途中休憩も入れ1時間半かかっています~。
(休憩もこども達はあそんでいました!)


ツカレタけど、シンドイけど、がんばっています。階段を上がり切るまでもう一息!


到着がプラネタリウムの上映時間ギリギリになってしまいましたが、

リボンクラブの貸切でしたので、トイレの時間も取ってくれました。

お友だちのなかに、過去の経験からプラネタリウムに不安のある子もいましたが、安心できるよう児童館のスタッフみなさんが優しくお声がけをしてくださいました。

「ここのはね、特別大丈夫なんだよ。心配ないよ。」


温かい光景でした。

「あなたを受け入れますよ」という空気が感じられました。


多くの大規模な施設では、
プラネタリウムの方針を重視すると、そこに添えない子は「ご遠慮下さい」と排除されてしまいます。(当然といえば、そうなのですが)


プラネタリウムの生解説をしてくださった方は、不安を解きほぐすように「笑い」を交え面白く教えてくれました。


(一部男の子達は元気良すぎて、少々釘を刺されましたが・・・。)


こんな周りの大人の温かい配慮により、みんなで40分間の幼児プログラムを最後まで楽しむことができたのです。

苦手を乗り越えた自信につながるかもしれません。

そんな意味でも、この「小さなプラネタリウム」を貸切にできてよかったな~と思いました。


鑑賞後は、外でお弁当タイム。
遊具に思わず引き寄せられる子達。









赤ちゃんをあやす「お兄さん」の姿も。






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数