FC2ブログ

記事一覧

驚くべき0歳児 ②



前回の記事で★ちゃんが重ねた座布団を乗り越えることを記しました。

このとき、★ちゃんがこちらを見ている状態でさらに座布団を高く重ねて視線を遮り、わたしが隠れてみました。


★ちゃんからは高く重ねた座布団からはわたしの「顔」は見えなくなりましたが、体は見えていることでしょう。
何度か「いないいないばあ」をした後、隠れたまま「顔」を出さないでいました。


すると、どうしたでしょう?


★ちゃんは、高く積まれた座布団の向こうにあるだろうわたしの「顔」を探すようにこちらを覗いたのです!(ギリギリ目の高さに調整しています)


このことから9ヶ月児には予測し短期の記憶があり、期待を持って探索する能力がはたらいていることがわかります。見えている体が手がかりとなっているかもしれません。


再びテーブル上のミニドールを見つけた模様。


つかまり立ち。


そばにあった椅子を有意に使い、


角を曲がることに



成功!
2週間前には見られなかった行動。
「角」という抵抗の前に座り込んでいましたから。



お母さんに到達する手前の地点に「障害物」となる抵抗を与えてみました。
(お母さんが見えるように)


クーゲルバーンを倒し、


その上を通る。

遮るという抵抗があっても、
止まる、
動けなくなる、
あきらめる、
泣く

でもない★ちゃんの積極的な活動。
生命溢れるパワーを感じます。




カニ挟みのような二指対向。
手全体を使って把握していた時からかなり指が機能し始めています。


そのあとは口へ運ぶので要注意です!










関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数