あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





世界はあらゆる頭脳を必要としている :: 2014/07/16(Wed)



どういういきさつであったか忘れてしまいましたが、とても興味深いYouTube
出会いました。

テンプル・グランディンというアメリカ人女性のTEDという番組です。

「世界はあらゆる頭脳を必要としている」というタイトルで、自身の自閉症当事者として世の中がどのように見え、感じ、聞こえているのかを説明しています。



彼女のプレゼンから、「最も嬉しいのは自分のアイデアにより世の中が良くなっていくことがわかること。」


逆に「最も憤りを覚えるのは、天才!と思える自閉症のこどもたちに最善の学習の場を与えられていないこと」

と仰っておられます。


自閉症の人間がこの世にいなければ、人間は今も洞窟で暮らしていただろう。
他の人々が火の回りを囲んでいたとき一人ひたすら石を削り石器を作っていたのはきっと自閉症の人間に違いないわ。

と言い切る強さに説得力があります!


彼女は自身の研究から、牛の特性を活かし最期のときまで尊厳を持って接する屠殺場の改革を行い大成功をおさめたのですが、それは彼女が動物の感覚に近いため普通の人では気づかないような視点で建築にあたったためだそうです。


この様子が映画化されているのですが、
どうにかして観てみたいと切望しています!

iPhoneからだと観れる動画ですが、わが家のパソコンからはどうしてか表示されないため、

日本語TED、テンプル・グランディン、世界はあらゆる頭脳を必要としている

の、キーワードで検索してみてください。
映画の紹介動画もあります。




関連記事
  1. 幼児教育
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<最高分げつ期 | top | 初対面はドキドキ⁈>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/570-78b5b1f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)