FC2ブログ

記事一覧

しっかり

珍しいものを持ってきてくれました。

アゲハの幼虫だそうです。
しっかり葉を食べています。

◯ちゃんのおうちでは、他にも色々な種類の昆虫を育てたり、さなぎの羽化する様子を観察しているそうです。

この日は◯ちゃんの自宅のカーテンに捕まる羽化するセミの写真を見せていただき興奮しました!
まるで図鑑の世界のようですが、時間の経過とともに刻々と変化する様子を生で見れるなんてとても貴重な経験ですよね。

殻を中央部で破って出てくる様は神秘的であり、宇宙的であり、またグロテスクでもあります。

アメリカのSF映画が昆虫の変体をヒントにしているのが思い出されます。



紙パックからパルプを取り出し、ハガキ作りをしました。
水や溶かしたパルプのドロドロに触れたり、網ではさんで水を絞ったりと手の動きが多用になってきました。

写真は成型したハガキにシュトックマーの水彩絵の具でにじむ様子を楽しんでいるところ。
筆を持つ手は「握る」持ち方から三点支持になりました!

強く描いたり、何度も同じ箇所に重ねて描くとパルプが剥がれてしまいます。
ハガキに穴があいてはいけないので、
力加減を調整したり、どこに筆を置いたらいいのか考えながら描くことができます。


水を含んだハガキを乾かすために窓ガラスに貼り付けるのですが、俊敏な動きが求められます。この工程にも意欲を見せたので見守っていると、見事にやってのけました。
普段の生活のなかで虫を捕まえる経験を重ねているためか身体がしなやかに動けるようになってきたようです。


ボードゲームにも興味が出てきました。

「勝つため」には穴からのぞいてチーズに狙いを定めます。ルールをよく理解できています!


見えにくいですが、◯ちゃんの手の先には磁石の先に4つの鉄の玉が連なって付いています。

こちらはゲームであそぶというより、
くっつかない鉄の玉どうしが磁石をくっつけることにより磁石に変わる現象を発見したところでしょう。
しばらくの間、没頭していました。


自分が能動的にテーマを選び、興味のあることをとことん堪能したり追求する自由な時間を保障され、それを近しい大人に認めてもらえる経験を重ねると、

こどもは安心して自分を表現できますし、大人や社会に対して信頼感を寄せます。
また何よりこどもに落ち着きがみられます。
多少の葛藤にも耐え、一人でいつのまにかやってのけるようになります。


◯ちゃんに虫や植物に関心を持つきっかけとなるようアンテナを巡らせ、工夫されているお母さんが輝いているのが印象的です。お母さんが楽しんでいるのが伝わります!










関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数