あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





あなたにこの世界はどう見えているの? :: 2014/08/20(Wed)


もうすぐ1歳の誕生日を迎える★ちゃん。


こどもの集まるにぎやかで楽しそうなところを好んで行きたがります。
この日は一緒にきた兄妹の元へと移動し、


兄妹のしているボードゲームの輪に入ったり、近くに居ながらおしゃべりを聞いていたり、手元をよく見ているようです。






★ちゃんは興味を示し、目に映るものに手を伸ばし触ろうとしたり、ホッケーゲームやコリントゲームの動く球を眼球を動かして追っていました。

お兄ちゃんやお姉ちゃんのすることが★ちゃんの感覚器官の発達を促す良い刺激となっているようです。


目の前に器と積木を出してみました。

器の中の積木に手を伸ばし、「出す」をしました。
「入れる」はまだ見られません。


破れ目を数箇所作った新聞紙を広げて★ちゃんを呼んでみました。

「破る」かな?と思ったら、向かい合った★ちゃんも新聞紙の裾を持ってかぶりました。

両端をそれぞれ持った新聞紙をかぶり★ちゃんとわたしの空間が生まれました。


新聞紙を上げたり下ろしたりを何度か繰り返し少しの間でしたが、同じことを共有したやり取り、つながりが生まれました!
自分以外の他者にたいして楽しみを共有したい気持ちを示すものでした。
「一緒に何かをして楽しい時間を共有する」というのは初めてのことです。
共有する心地よさを実感できるひとときでした。


「★ちゃん、これ見て」のお母さんの呼びかけに、口元でも指先でもない指の指した方向へ目を向けることができます。



★ちゃんの手も期待を持ってその先へ伸びます。

お母さんの元へ行くまでに「坂道」の抵抗を与えてみました。
平らな床面は通せんぼしてあるので、お母さんのところへ行くにはこのヘンテコな坂道を行くしかありません。

仕方なく坂道を進む★ちゃん。



端までくると足から下りています。

高さは15cmくらいだったでしょうか。
★ちゃんは自分が高いところにいることが見え方からわかっているのでしょう。
もし平面に見えていたならそのまま突き進むでしょうから。

お母さんの報告によると10ヶ月過ぎた辺りから家のソファを足から下りるようになり、それ以前はよく「落ちる」ことがあったようです。

そうすると赤ちゃんは10ヶ月頃になるとモノの凹凸や奥行などを認識し始めるようになるということです。


また、お姉ちゃんの首飾りをする様子を見て、★ちゃんも首飾りを首にかけることをしたそうです!
「模倣」ができるようになったようですね。



手を入れぐじゃぐじゃと手をグーパーさせています。手に当たる感触を楽しんでいるようです。


片手を軸に旋回するような伝い歩きも見られました。

自分の持っているものを取り上げられたり、じゃまされると怒りのこもった声を発します。



快・不快のみならず喜びや楽しさ、悲しみや怒りといった感情の分化も見られます。

誕生からわずか1年であっても、ヒトが自然に発達し、本人が望む感覚刺激や指先の運動をどれだけ保障してあげれるかが大事だとお母さんが言っておられたことに深く賛同いたします。


刺激がなければ、身につけるにちょうど良い時期を逃してしまいますし、
だからといって本人の要求以上に過剰な刺激を与えることはかえって発達を阻害してしまいます。

good enough mother = ほどよい母親


という言葉があります。
賢く良いと判断する環境をアレコレと用意するお母さんより、

こどもをよく観察したり調子を合わせて、こどものやりたがることをする時間を与えるフツーのお母さんの赤ちゃんの方が良い発達を示すと言われています。

今、こどもはどんなことができるようになったのか?
フラットな気持ちでこどもを見つめたいですね!






関連記事
  1. 「人・物識り初める美しき世界」へようこそ 0歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<一人でできるよ! | top | ゆっくり・しっかり・まちがっていい!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/592-e267ee5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)