FC2ブログ

記事一覧

受容できた「抵抗」


もうじき4歳のお誕生日を迎える○ちゃん。

この日初めて、リボンクラブで「他のお友だちと一緒」を経験しました。

これまでと違い、緊張や不安な表情・・

みんなと同じテーブルについてあそぶ準備はまだ整っていません。

こんなときは無理強いしたり、お母さんから引き離そうとせず、しばし子どもの様子を観察→→→

お友だちといえど年長さんの男の子たちでしたから、口から飛び出す言葉や大きな動きに年少さんの○ちゃんにしてみればそれはビックリしても当然ですよね。


お母さんにしがみついていましたが、折り紙を出してあげると、スルリと離れお母さんから離れて三角や四角に折ってあそび始めました。


緊張はしているだろうけど、どうやら大丈夫そう!

同じ空間にいることは受け入れられるし、相手を観察する慎重なところがあり関心はある様子。


ビーズの小さな穴にゴムを通してブレスレット制作。

周りがどんなに騒がしかろうが、マイペースで目的を達成させる集中力や根気があります!


ジャジャ~ン☆カラーゴム各色使って3本のブレスレットを作りました。
やったね!○ちゃん☆

○ちゃんには、これまでと勝手が違うと感じる状況だったかもしれませんが、
きちんと意思表示もできますし、欲求を伝えることもできました。


お母さんからの報告によると、男の子は苦手で幼稚園でも女の子とあそんでいるのだそうです。

○ちゃん自身に苦手を克服しようとする機会になるかもしれませんから、
あんまり敏感になり過ぎず見守り、距離感を調整できるとよいのかな~と思います。

取捨選択して大人がよいと判断するものや環境のみを用意するのではなく、
遭遇した場面に子どもがどう反応するのかを観察する余裕があってもよいですよね。


こども自身の「できるようになりたい!」「試してみたい!」本能を、
大人の先入観や決めつけでその機会を奪うことのないようおおらかに受け止めてあげたいです!


帰りには、もう時期的に終わりを迎えるなすやきゅうりを収穫しました。

植物や四季などの自然に興味の芽が育っているようです☆


○ちゃん、ドキドキしたね!
次は何してあそぼうかな~?


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数