あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





大丈夫!安心してね☆ :: 2014/09/18(Thu)

リボンクラブがだいたいどんなところかわかり安心できた頃でしょうか。

門から玄関までは一人でどんどん進み「期待」「安心」「解放」といった様子が伝わってきます。


「すなは~?すなないの~?」と言ってから、
ダンシングサンドであそぶ☆ちゃん。

型に詰めたり、返したり、細かく刻んだり、道具を使って可塑性のある素材にしばらく夢中。

「はんぶんにきりま~す」と言って、だいたい半分のところで分け、さらに半分と言って1/4にしました。
手つきからキュウリやじゃがいもを切る台所仕事も上手くこなせそう!


感覚器官に入力された「これなんだ?」に引き寄せられ、片っ端から手に取り出してみます。好奇心旺盛でこのお部屋にあるものを探索しています。

その中でも(砂の他に)自分で見つけていっとき集中して取り組んでいたあそびがコレ↓↓↓

木の枝の積み木。ただの木の枝ではなく精巧な木尺で整えられた断面の美しい積み木です。
一番長い積み木を初めに立てて別のを乗せたときは倒れてしまいました。
「では、ここに入れてみよう」と思ったかはわかりませんが写真のように間に入れると無事成功!
倒れたからや~めたではなく、じゃあどうしようかと考えたのでしょう。

てっぺんにミニドールを立ててもらいました。



「みて~!」
「これは、な~に?」
「・・ヘリコプター」

! 確かにヘリコプターのプロペラ部分に見えます。
ネジとナットの関係を知り、手を外転・内転させることができます。
はじめからヘリコプターを作ろうとしたのではなく、できたものから連想したと思われます。
表象の世界を堪能しています。

☆ちゃんの「見て~!」に共感し、☆ちゃんの今いるステージを十分謳歌するお手伝いができるとイイな~と思ってます!

この世は素晴らしい、心配ないよ、大丈夫だよ、安心してね。

☆ちゃんが乗り越えられるまで時間はかかるかもだけど、そんなメッセージを送り続けたいです。



関連記事
  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<こどもは自ら感覚統合を行っている! | top | 受容できた「抵抗」>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/610-e9e4c4d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)