あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





勤勉な4歳児 :: 2014/09/24(Wed)


《量の保存》の課題に取り組む年中児★くん。

「二つのコップに同じになるよう分けて入れてね」と言ったのに対し、



「多く入ってしまった」と判断して、ピッチャーに戻して調整を図る。


視線を落として横から「同じ」を確かめる。
調整後は「同じ」と判断できる。


一方を間口の広いボールに移し替えてもらう。頭を低くして見比べ、水面までの高さがより高い方(コップ)が多いと応える。

比べる力、調整する力、判断力、課題に向かう力があり、またそのときの心理的な負担感などをみています。


北斎の展示の案内。

波を開くと、番長皿屋敷の幽霊図が・・!

開くと別のものが現れることに面白さを感じ、この仕掛けを再現してみることに。
★くんは海の生物を描くことにしました。
魚を上手く描く自信がない★くんは「描いて~」と言います。
魚図鑑にトレーシングペーパーを置いて輪郭をなぞることを提案しました。

「クジラも描きたい!」要望に応えて、次は動物図鑑。「クジラやイルカは魚図鑑には載ってないね。お乳を飲む動物なんだね」とはなすと、
「知ってる!ダーウィンでみたことある~!」と★くん。

★くんは『ダーウィンがきた』というテレビ番組が好きで、★くんの知的な好奇心を刺激してくれるようです。話題によくのぼります。


★くんの大好きなジンベイザメに始まり、タイ、トビウオ、ウツボ、ヒトデなど所狭しと海の中の世界を作りました。

波を開くとこの通り!

ただ魚を貼るのではなく、折ったときに波からはみ出ないよう考えて位置を構成しています。

この「図鑑作り」制作に1時間以上集中を切らすことはありませんでした!スゴイ~!
あれやこれや出してこなくても、好きなことならこれぐらいの集中力が保てるようになるようです。


帰りがけにしていたこと↓↓↓


「粘土が水に浮くかどうかの実験」だそうです!

★くん、いろんな素材でぜひ試してみてね~!



関連記事
  1. 誇り高き 4歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<数に触れる体験 | top | こどもは自ら感覚統合を行っている!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/612-9de8afa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)