あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





お母さんのための勉強会 :: 2014/10/06(Mon)

昨日は、池田ルームのお母さんのための勉強会を行いました。




わたし自身「ちょっと風変わりな」第3子の育児に全くの自信を喪失し、溢れる情報のなかですっかり迷子になっていた時期がありました。

そのときに出会ったのがリボンクラブでした。

その当時、主婦のわたしには聞いたことのない外国人の研究者やその研究内容をわかりやすく話してくれたのがジジさんでした。
「大丈夫、心配いらないよ。」と待つことの大切さを教えてくれ、いつも温かく愛情持って励ましてくれたのがボッスさんでした。

心強いスタッフのレオさんやロッタさんに見守られて過ごせた熊本での生活は、
そんなリボンクラブに支えられたものでした。


わたしは現在第1子が18才になる子がおりますから、長いこと子育てをしていますが、リボンクラブで聞くお話しは初めて知ることばかりでした。

あ~こんなことなら、第1子を育てるときから知りたかったと思ったものです。

(ですからリボンクラブでは、赤ちゃんのときに入会することを、お母さんが迷子になることなく、楽にブレないで強い気持ちで子育てできるのでお勧めしています!)


学者の研究はわたしとは縁遠く、なんかよくはわからないけど、
こどもの脳や発達について研究していた先人がいて、私たちがそれを紐解くことでヒントがあるのだと感じていました。

わからないけどわかりたいと思いました。
こどものことを知りたいと願いました。


研究と確かな証明をジジさんから聞く機会は実に貴重で、ぜひリボンクラブのお母さん達に聞いてもらいたかったのです。


さらに、虹色教室の奈緒美先生にもお越しいただけて、盛りだくさんの内容となりました。

奈緒美先生には「工作」と「算数」の観点から子どもとアプローチするやり方をご紹介下さいました。

工作は、いとも簡単に面白いものが生み出される目からウロコのアイデア満載でしたし、算数もブロックを使って簡単でこどもを引きつけるゲームを見せてくれました。

その引き出しの多さと結果に、お母さん達も「おお~っ」と感嘆の声が漏れた程でした。
奈緒美先生の豊かな経験に裏付けされた直感の鋭さ、分析力は脱帽です!




台風の影響で開催できるのか心配しましたが、予定をオーバーする程の大盛況で終わることができましたことに安堵するとともに、
講師としてお越しくださったジジさんと奈緒美先生に感謝致します。


また、この会が終始温かい思いやりに満ちたものになるようご協力下さいましたお母さん達にも嬉しく思います。

皆様のおかげを持ちまして、この会が実現できたことを幸せに思います。
ありがとうございました。

関連記事
  1. リボンクラブ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<あそびから見える子どもの発達 | top | 信頼して見る>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/620-ab658f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)