FC2ブログ

記事一覧

造形あそび ~粘土~

PC110741.jpg
この日は 思い立って 粘土で あそんでいます


蜜蝋入り粘土のため、冬のこの時期は カッチカチ
石のように かたまっているので、これを おもうようなカタチに かえるのは、相当
指先の 力が 必要になります


このように こどもが集中してあそんでいるときは、
「なにを つくっているの~?」といったように、おとなが 不用意に 言葉がけしないほうがよい
ようです。

こどもは なにかをつくろうといった目的もなく、あそんでいるうちに 想像が膨らみ
「○○を つくろう!」といった 手から生み出される なにか が 多々あるからです。

「共感」を 求めるときは、視線なり、言葉なりで
子どもの方から サインを だしてきます


まっくすは、 
「ぱん、たくさんつくる~」と いってきました。

「じゃあ、パンが できたらおしえてね~」と 家事中の わたし。

どうやら、 パン屋さんに なるようです


しばらくして、
「できたよ~」というので 行ってみると、

PC110745.jpg
 おお~ たくさんの パンが 仕上がっています
かたさのあまり細かい加工は できなかったことが 推測できますが、粘土の状態に合わせたパンが
見事です

記事途中ですが、ミーティングのため 続きはまた 後で。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数