FC2ブログ

記事一覧

今必要なことを選んでやっている

この日はボードゲームをすることに決まった年長さん二人。

はじめてのゲームも、ルールを説明するわたしに耳を傾けて、挑戦したい!という期待感が伺えます。

自分が勝つことが前提となる時期真っ最中の★くんは、形勢が不利に傾くとたまらず自分が有利になるようズルをします。
これも少し先が見通せるという証ですね!

しかし、⚫︎くんにとっては見過ごせない、あれっ?今、違ったよね?子どもどうしは不正に厳しいものです。

わたしはこんなとき大人は不正を正さず、こどもたちに任せます。

ルールをやぶったときに感じるどこかうしろめたい感じ(曇った表情でわたしの顔を見ますから、ちゃんとわかってはいるんです)、
不正に気づく注意力、
自分の意見を伝える力、
解決しないままだと進行がストップして面白くなくなること、
どう折り合いをつけるのか?などなど、

「単なるゲーム」では片付けられない社会のルールを彼らは学んでいるからです。


幼稚園の大好きなお友だちにお手紙を書いています。

ひらがなへの興味を持ち始めたようです。
自分の気持ちを書きことばで表現できる喜びに満ちています。


部屋につるしてある十字編みに目が止まり、挑戦中→→



書き終えた手紙を巻き、毛糸で蝶結びにしました。


十字編みの挑戦は上手くいき、二つ作りました!

今度は3本の枝で挑戦したいそうです。




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数