FC2ブログ

記事一覧

ゲーム大好き!~自制心の獲得へ~


この日は年長児3人集まったので、みんなで何をするかの「仕掛け」を考えていましたが、わたしの目論見は見事に却下され(笑)、満場一致でゲームをすることになりました。

ルールを知っている言語の能力が高い★くんが、他の二人にルールを伝達。
なかなか上手く説明できました!

プレイヤーが協力して、カラスより先に収穫成功!


つぎに選んだのは、戦略を伴い、視点の移動が必要なゲーム。

上のゲームより難易度が高いため、途中で進行が止まることもしばしば・・

基本的に寛容な子どもたち。
お友だちが考えている間も急かすことなく、
「紙ちょうだい」と言って、何やら作業。
(でも、自分の番が回ってきたことはわかる)

じゃんけんして決めた順番を忘れてしまいそうになるわたしのために、なんと「順番札」や「色札」を作ってくれていました。

「ゲームを遂行させる」という目的のために各々が考えてくれたものです。
なんと気の利くアイディア!
おかげで忘れっぽいわたしも順番を間違えることがありませんでした。


核家族化やあそび友達の減少により、4人でゲームをする機会は今の子ども達にはそう多くはありませんね。

「かわりばんこ」とは違い、待ち時間もうんと長くなります。

しかし、その時間を利用してジブンの考えを表したこのアイディアにはかなり尊敬!

勝ちたい気持ちから自分に有利なように操作することがあった子が、
この日はルールを説明する役目もあったためか忠実におこないました。ルールを間違ったお友だちに優しく教える光景もあり、いつもとは違う役回りに徹していました。

ゲームが上手く進行するよう協力していたことがわかります。

少し未来のことが想像できるので、どうやらこれは負けそうだと察すると耐えきれずに「もう、やめたい・・」と言っていたけど、

このときは、自制心を保つことができました。

いつもこのように振舞えるとは限らないでしょうが、運動を盛んに行なうようになり制御する経験を経て心のブレーキを獲得しているようにみえます。


年長さんは、ナフキンの刺し子にチャレンジします!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数