FC2ブログ

記事一覧

三人三様


門を開けると、たくさんの葉っぱをわたしの手に入れてくれました。
↓↓↓このように使うのだとか!

ツツジの葉のようでした。
くっつき虫が衣類にくっつくのは知っていましたが、葉もこのように着くなんて驚き!
ランダムにくっつけていたら、写真のように付け直してくれました。まるで、首飾りのようです。新しいですよね☆

この日は年長さんと年少さんの3人の女の子。
年長児さんはナフキン制作。
下絵を元に、布に写しています。
なんで布に色がつくの?チャコペーパーって不思議!



その後年少さんも加わり、各々自分のやりたいことに着手。

写真右側の子どもたちは、スライム作り。
必要な材料を揃えたり、計量などできることは自分で。


スライムの感触(温度や手にまとわりつく感じ、匂い、ビローンと伸びる感じ)を存分に楽しんでいました。

乳幼児にとって「知ること」は「感じること」の半分も重要なことではない。とレイチェル・カーソンは『センス・オブ・ワンダー」のなかで教えてくれました。


興味の対象は子どもから子どもへ伝承されていきます。
お互いのしていることをよく見ていて、「次はわたしもやってみたい」という意欲につながります。


このようにして「スライム作り」や「織物」をしました。

初めて顔を合わせたお友だちは緊張があったかもしれませんが、小グループで享受できる影響力を考慮に入れても一緒に過ごす時間は価値のあるものと考えています。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数