FC2ブログ

記事一覧

カプラ

PC040719.jpg

最近の まっくすの カプラの作品

高さ40cmくらいの塔を 3,4ほん ひっつけて建て、最上部で連結させることに

凝っています


カプラは 「魔法の板」とも呼ばれ、辺の長さが 1:3:15と なっているため

写真のように それぞれ違った組み方の塔を つくっても 

揃えたいところで、きちんと揃うというわけです


知らず知らず、公倍数をつかったあそびを 体験できます


わたしは、なんだか 立体駐車場のようにみえてくるので
隙間に ミニカーを いれてみたりするのですが、


ミニカーは まっくすのイメージでは ないようで、取り除かれてしまいます

 ごめんごめん



きちんと揃える・組めることは 気持ちがいいものです。スッキリします

まっくすも そんなふうに感じているのでしょうか

作品を作ったあとの表情は どこか
誇らしげで、自信に満ち溢れているようにみえます

つぎは どんなものが生み出されるのか たのしみです


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数