あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





話しことばの獲得(初期) :: 2015/03/13(Fri)


◯ちゃん(1歳半)

穴にネジを通しています。


このところ家でもこの「穴にネジを通すこと」を盛んにするようになったのだとか。


最近、毎回するのは、
ベビーカーにお人形を乗せておさんぽ。


カラコロツリーも◯ちゃんのお気に入り。




イラストに触発されてか?蓋を開けようと試みたあと、上手く開けれずわたしに持ってきて期待の表情で見つめています。
「開けるの?」「ウン」

蓋を少し開けて見せてから、手渡すと、

ジブンであけました!



こちらの瓶の蓋を締めようとしているのかな?



カバの置物を見て「カ・・カ・・」とささやきます。「うん、そう。カバね」
図鑑のカバのページを開いて見せてあげました。

◯ちゃん、中腰になり図鑑と至近距離で見ています。指を指して「カ・・カ」
「そうよ。カバよ。おんなじね」

特定の単語の一音をささやき声で発するようになりました。
舌や唇の筋肉を調整して音声と合わせる練習をしているようです。


布にビーズを包んで見せました。
「◯ちゃん、開いてね」

包みを開いてビーズを取り出しました。


だだこね(笑)

しっかりと◯ちゃんの意思が伝わってきます。



お帰りの際、お母さんの履き物に足を入れています。

そうだね。靴は履くものだね。
でも、◯ちゃんには大きすぎはしませんか?


描画は、点と弧が描けます。
挨拶の時は、大人が頭を下げるのをジィーっと見ています。
「どうやら挨拶のときは頭を下げるらしい」と思っているのかのようです。

ドングリの実を手にすると、中身のカラカラする振動が手に感じられます。
ジブンの耳に近づけて音を聞こうとします。


誰の所有物であるかもわかっていて、わたしのi. phoneを見つけると、すぐさま持ってきてくれます。(たまに、わたしの目を盗んでボタンを押しているときもあります)
◯ちゃんにとってi phoneは魅了的なアイテムであることは間違いないようです。



関連記事
  1. 小さな探検家1歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<熊本へ | top | 加減の理解・文字への関心>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/732-efb4d552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)