FC2ブログ

記事一覧

お泊まり会 ~一日目~


3月28,29日と大阪泉南市にある紀泉わいわい村に年長児6人と一緒にお泊まり会に行って来ました。

1時間少々紀州路快速に乗る間、子どもたちの関心を集めたのは この「指スマ」。

親指を出して、何本立てるのかを予想するゲームです。
一人(親指が)2本だから、四人ですると何本になるのかな?
予測する楽しみ、合ったときのスッキリ感とあいまって省スペースの電車内であそぶにピッタリですね!


着きました☆


どこからか見つけてきた荷車にみんな荷物を入れ協力して引いています。

労力を惜しみなく使う子どもたち。


お弁当を食べた後、お外あそび。

サワガニを見つけたようです。
みんなせせらぎの側に集まってきました。


始めは乾いた石の上を選んで川を渡っていましたが、そのうち片足が落ちて濡れ、だんだんまぁいっか~と気が緩んできて(?)まるで陸の上を歩くようにジャブジャブ水の中を歩き出しました(笑)

「いいことかんがえた!」

靴下が濡れたので物干し竿にするようです。


とても天気の良い日でしたので、みんなどこに干したらよく乾くのか?を考えて各々干していました。


ここは、昔の藁葺きの家屋風に再現した施設です。(敷地内には本当の藁葺きの家もあります)
ここでの生活の仕方に耳を傾けます。



フロントで昔の伝承あそびを楽しんでいます。


こちらはババ抜きのあとの神経衰弱


荷車をひたすら引くのが楽しい様子



「さぁ、みんなでご飯とお風呂の用意を始めよう~!」と誘うと、

「え~、まだあそびたい~!」と不満の声が・・


「あそぶのはいいけど、今晩ご飯もお風呂も無くていいの? ここは、みんなで協力しないと勝手には用意されないのよ。」と言うと、

誰も反論することなく、取りかかりました→→→

女の子チームは食材を切ってくれるようです。

このほか、洗った食器も拭いてくれました。

こちらは外で薪割りと火を炊く仕事。


「何かすることな~い?」とみんな役に立ちたくて、働きたくて意欲に満ち溢れていました。

薪割りから始める必要のあるお風呂を沸かすことも、火加減に注意しながらご飯を炊くことも、
今ではボタンひとつ押せば調整することも失敗することもなく出来てしまうことです。

大変だけど、楽しい!といったところでしょうか。

五右衛門風呂。

「自分達で沸かしたお風呂のお湯加減はどうですか~?」

「熱いときは、蛇口から水を出してぬるくしてね。逆にぬるいときは、外にいるパパさんにもっと火を強くするよう言ってね~」







夕食後、ボードゲームを楽しんでいます。




このあと布団に入り、ニーナさんと交代で2冊を読み終わる前にぐっすり眠りにつきました~







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数