FC2ブログ

記事一覧

影の正体

賢明に直角三角形の長い辺で四方を囲むことに打ち込んでいる◯くん(4歳4ヶ月)。

思わず「なにしてるの~?」聞いてしまいました。

「しかくをつくってる・・」


正方形の空間ができることを発見しました!

木尺の揃った良い積木(道具)は、こうした偶然の産物に出会えます。

「あ、ほんとうね。四角ができてるね」


高く高く積んでいきます。

柱に使うのは4コ全て同じ形。
左右対象です。

「おへやを暗くしたい~」リクエストに応えて、部屋の照明を消し、雨戸も閉めると・・

懐中電灯を持った◯くんの正面に、巨大な積木のシルエットが映し出されました!

これには、◯くんもわたしもビックリ!
しかも光を通す素材ゆえ美しいのですから。


半円球に興味が出て、集めて並べました。
「特急ジャー」の並び順だそうです。ちゃんと◯くんなりの決まりがあるのです。

「なんこあるの?」には、

数唱しながら、人差し指を対応させ、「いち、にー、さん・・、ろく。ろっこ!」と応えました。

半円球はこの積み木の中でも宝石のようで特別です。
◯くんは、赤い半円球を左手で持ち、懐中電灯の光を当てました。

すると、壁に巨大な円と◯くんの左手が映し出されました。


◯くんは、その影の大きさに驚いて目をまん丸くしました。
そして手を下ろしました。

「今のすごかったね。◯くん、もう一度してみせて」とお願いすると、

懐中電灯を持つ右手と球を持つ左手をバラバラに動かして、

「どうするかわからない~」と言いました。

と、すると、この時点では◯くんは光源と影の位置関係の法則にはまた気づいていないことがわかります。

右手と左手を動かして試行錯誤しているうちに再び大きな影が現れました。

その様子を言語に置き換えて、
「映したいモノの後ろから光を当てると前に影ができるんだね~」


青いセロハンに持ち替えたところで、魚に光を当ててもらいました。

「本当に海の中を泳いでいるみたいになったね~」


使ったモノのお片づけ。

おなじ色に種類分けしてなおしています。

決してテキトーではないのです。
色・形・並び方など◯くんの中に秩序があり、それが気持ちいい!と言っているようです。
その求めに充分応じるあそびは、◯くんの発達を促すのでしょう。


帰りに外に立ったとき、ジブン達の影があることに気がつきました。
「あ、影あるね」とか
「どうして影ができるの?」と対話をしてみたり、
その応えの中に「日光」を口にするならば、
「太陽はどちらの向きにあるの?」と尋ねてみるのも面白いかもしれません。

ビックリ発言(?)や独自の見解に出会うかもしれませんが(笑)、「違うでしょ」と否定したり、正さずお付き合いしたいですね。

こんなふうにして、いわゆる理科的常識を獲得するのだと思います。







関連記事

コメント

前回のミッドタウン「単位展」の記事の冒頭に

「捉えにくい世界の統一に「単位」を設けることで、
比較や共有を可能にする知恵と思考の道具」と言
う文章がありました。

こんな言葉を思いつける人を尊敬しますね。

実は子どもたちも「捉えにくい世界の統一に
単位を設けようとしている」と思ったからです。

「単位」の定義は良くわからないのですが、
知恵と思考の道具としては「ことば」も単位で
はないかとあらためて思いました。

「ことば」は、初めは赤ちゃんの外側に環境
としてあります。
4歳にもなればそれらの言葉を内化して
ジブンのものとして使えるようになってきます。

しかし、光源と対象と投影された影の関係に
ついては、今のところ難しいようでした。

それらの現象について思考するための「単位」
がないからでしょうか?
この場合の単位は「科学的ことば」になります。

4歳の子どもに科学的ことばが必要か?はNO
のような気がします。それよりもさまざまな現象に
であうことの方がおもしろいような気がします。

ひょつとしたらさまざまな現象も、個人にとっては
「単位」になるのかもしれません。

見立てられたおもちゃも「単位」かもしれません。

「単位」というテーマに妄想が広がりました。
分からないということは、おもしろいことですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数