FC2ブログ

記事一覧

『協力・共感の発達と進化』


ヒトは「助けるように生まれてくる」という研究があります。


ヒトはプリスピーチ(話す前)の段階から、
援助する
知らせる
分け合う


これらは、チンパンジーにはないそうです。



子どもたちと接していても、そんな場面によく遭遇します。


こちらからお願いした訳ではないけど、「ジェリーさんの」iPhoneを手渡してくれる1歳児さん。


ボードゲームで困ったふりをしていると、教えてくれる3歳児さん。


隣に座るお友だちが狭そうだと見ると、ジブンが移動してちょうどよい間隔をあけてくれる4歳児さん、など


自分に利益がなくても、早期から自然とこのような行動をとるようになります。


目の前の相手の状況を読み取り、
こうして欲しいだろうことを推察して行動することは、ヒトにだけ与えられた高度な能力といえるということです。


『ヒトはなぜ協力するのか』マイケル・トマセロ著 勁草書房




関連記事

コメント

ジェリーさんへ

最近ですが、「育てにくい子には、わけがある」著者木村順(大月書店)¥1500

を読みました。もし、読んでいないならお薦めです。

今日のレオさんのブログにも木村順の名前がありました。
偶然で、びっくりしました。

Re: タイトルなし


ジジさん

いつも貴重なコメントをありがとうございます。
おススメの書籍、わたしも知っていました。
amazonのほしいものリストの中の山のような書籍群にあります。
さっそく取り寄せてみます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数