あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





『協力・共感の発達と進化』 :: 2015/06/01(Mon)


ヒトは「助けるように生まれてくる」という研究があります。


ヒトはプリスピーチ(話す前)の段階から、
援助する
知らせる
分け合う


これらは、チンパンジーにはないそうです。



子どもたちと接していても、そんな場面によく遭遇します。


こちらからお願いした訳ではないけど、「ジェリーさんの」iPhoneを手渡してくれる1歳児さん。


ボードゲームで困ったふりをしていると、教えてくれる3歳児さん。


隣に座るお友だちが狭そうだと見ると、ジブンが移動してちょうどよい間隔をあけてくれる4歳児さん、など


自分に利益がなくても、早期から自然とこのような行動をとるようになります。


目の前の相手の状況を読み取り、
こうして欲しいだろうことを推察して行動することは、ヒトにだけ与えられた高度な能力といえるということです。


『ヒトはなぜ協力するのか』マイケル・トマセロ著 勁草書房




関連記事
  1. 幼児教育
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2
<<ジジさんのコメント ① | top | 話しことばの発達とは?>>


comment

ジェリーさんへ

最近ですが、「育てにくい子には、わけがある」著者木村順(大月書店)¥1500

を読みました。もし、読んでいないならお薦めです。

今日のレオさんのブログにも木村順の名前がありました。
偶然で、びっくりしました。
  1. 2015/06/01(Mon) 16:46:24 |
  2. URL |
  3. ジジより #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし


ジジさん

いつも貴重なコメントをありがとうございます。
おススメの書籍、わたしも知っていました。
amazonのほしいものリストの中の山のような書籍群にあります。
さっそく取り寄せてみます。


  1. 2015/06/02(Tue) 12:29:09 |
  2. URL |
  3. ジェリー #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/791-bb3931b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)