あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





成長をかんじる瞬間にオモウコト :: 2011/12/28(Wed)

寝る前に まっくすに
「絵本 よもっか~、持っておいで~」というと、


何冊も手にして もってきました


(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-、こんなに よめるかな~と 思っていたら・・・


PC270786.jpg

なんと


ひとりで 読み始めました



「は」と「ほ」の 区別が むずかしいようではありますが

ほぼ 読めています


「ほん、よめるの すごいね 」 というと、

「これは じがおおきいから よめるの」とのことでした



なるほど~



「これは ちいさいから まま よんで」と その他の本を さして言いました


「うん、よむよむ 


なんだか 急に 大きくなってしまったように感じて、

成長を嬉しく思うのと同時に 手からはなれていく さみしさも 感じました



上の子2人の娘たちが まっくすの頃には

「字をよむこと」「字をかくこと」を していて、
おともだちと おてがみの交換なども していました


まっくすは ことばが でるのも遅く、上の子たちと違った様子に 不安や戸惑いを
感じることもありました



それでも、リボンクラブの理念にあるように

「おしえない」「待つ」ことを こころがけてきました


「こどもは 白紙でうまれてくるのではない。その子の発達のプログラムを持って 生まれてくる」
かつて ジジさんに 教わりました





あせったり、不安に思って
世の中の消費システムにとりこまれたり、何十万もする教材を与えたり、早期教育をして

「不安」を 紛らわすことなく


わが子をみつめたいものです



私たち大人に 必要なのは

「待つ」とか「見守る」とか「観察する」、「あそびの世界をひろげるお手伝い」


そのようなもので じゅうぶんなようです


今日の まっくすを見て いっそう確信しました


ちなみに この日 本は5冊 読んだところで わたしのまぶたが くっついてしまいました
関連記事
  1. ̾すくすくまっくす
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<気持ちを立て直す | top | 織り機>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/80-fa580759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)