FC2ブログ

記事一覧

気持ちを立て直す

デパートに 買い物に行ったついでに 次女が好きそうな 雑貨屋さんへ
わたしも 大好きです



すると、まっくすが 
幼稚園に持っていくような プラスチックのコップを 手にして


「これ、かって〜」



と、いいいました



コップは 最近買い換えたところで、さしあたり 必要ないと思っていたので


「ううん、コップは あるから かわない」


と、答えると、


「ずるい〜 ○○ちゃん(次女)は 買うのに、ぼくだけ かってくれない〜


といって、商品を持ったまま その場に 座り込んで 泣き出しました


「これ かってほしいの〜


買ってあげれば その場は 取り繕えますが、
必要のないものは 買わない この間も 不用品を なん袋も 捨てたところです


わたしの意思も ゆらぎません


まっくすの 欲しいという気持ちは、認めてあげたうえ、
再度 買わないことを 伝えました

「あったところに おいておいで。 まってるから」


それでも すぐに受け入れることはなく、まだ ねばる まっくす


しかし、はじめのあたりと違って 

ホシイケレドモ、オイテコナケレバイケナイ


という気持ちと 格闘しているように みえました


********************

すこしして

予想通り 自ら 棚に 戻しに行きました


エライ


棚に置きに行って、もどってくる姿は 気持ちを整えることができた 成長したお兄ちゃんです

泣き顔ですが・・・


気持ちを立て直す時間が 短くなりました


彼の意思を認め、待つことができたことも 嬉しく思います


「じゃあ、だっこしてよ 


この「だっこ」も いつまで いうのか


重くなった まっくすを だっこできる時間は 確実に 短くなりましたが、
必要とあらば 少しだけでも こたえたい と おもいます









  
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数