あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





にゅるにゅるべちょべちょ :: 2015/07/09(Thu)

この日最も○ちゃんの興味をそそったのは触覚《識別系》を刺激するあそび。

スライムの材料を入れてかき混ぜてもらいました。感触を楽しんでいます。
声を上げ、笑顔がはじけます。

このにゅるにゅるべちょべちょ手にまとわりつく感じは独特です。
スライムは「泥んこあそび=汚れ」として不快に感じる子でも興味を持つようです。


ビローンと伸びる様子をお母さんに見せています。


作業療法士の木村順先生は、著書のなかで
『触覚、固有覚、平行感覚(前庭覚)の三つの感覚を知ることが、子どもたちの状態像を理解していくときに重要なカギになる』と書いておられます。

そのうちの一つ、触覚には生命維持機能に関わる「原始系」と能動的に注意を向け、触り分ける「識別系」の二つの系統があり、バランスよく交通整理されることが大切なのだそうです。



積木の課題にも応じることができます。

親指と中指の二指で把握。左手はそっと「準備の手」

左手でも把握し、高くなってきたので立ち上がって〝慎重に〟積んでいくことができます。

左右の手を協調していてバランスよい感じ。



以下は、終わりの挨拶あとのスナップ。

円柱差しを出してきたので、手本を示しました。

10本の太さの違う円柱を順に出したあと、順に入れていきました。
最後の「一番太い」を入れる時、振り返りました。笑みがこぼれています。

「みて!わたしできたでしょ!」と言っているみたいです。


「はんぶん、はんぶん」と言って、着替えを畳んでいます。

ジブンの動作によって「はんぶん」の意味を知っていくのでしょう。


これからの成長が楽しみです!








関連記事
  1. いやだ!ちがう!2歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<日本の学校教育の転換期 ~今こどもたちが求められる能力とは?~ | top | 2歳児さんの微細運動と『安全感の輪』>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/821-89c2debe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)