あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





トモダチのつくりかた :: 2015/08/10(Mon)

初対面の年中児お二人さん。

後からやってきた◯くんは、やや緊張しながらも入室すると、持参の心の杖のぬいぐるみを自ら部屋の端に置き、ジブンを励ましているようです。

◯くんが安心して遊べるよう余計な声かけは控え待ってあげると、「オモシロそう」に惹かれ次第に接近してあそぶようになります。
このとき、口では反対のことを言うときもありますが、子どもの興味がどこにあるかを正しく見ることが大切です。

接近して一つの「砂遊び」をしますが、それぞれ平行遊びです。

☆ちゃんがひとりごとのように?聞こえるくらいの声で「砂が足りないなぁ~」とつぶやきました。

すると、◯くんがそれまで遊んでいた砂を容器ごと☆ちゃんに渡して「コレ使ってイイよ~」と言いました。
なんとなぁくつながり合い協力しながら遊べるようになるものなんですね~。


こうなると、大人の出番はありません。


お母さん達も、これまでより安心して見守っていられるようになる時期でしょう。



前回までに描いたデコルカマニー(合わせ絵)を渡して、

「何かにみえるかな?縦や横や反対に向けて見てみて」と言うと、
「ちょうちょにみえるー」と。
しっかりイメージする力を働かせています。

画用紙を半分に折ったまま、切ってみよー。

☆ちゃんは、もう一枚リクエスト。

『はらぺこあおむし』の最後のページのようです!
これには、☆ちゃんも開いてビックリしていました。


その頃◯くんは、

同じ色で揃え、四方を同じパーツを使って積んでいます。

秩序の整った状態が落ち着くのでしょう。
あるいは、美しさを感じているのかもしれません。

先ほどのデコルカマニーにも通じる対称性があります。

タージマハルを美しいと感じる感受性のようなものはこの頃にはあるのかもしれません。


「重さ」を感じるあそび。

よくみると左右の皿にはそれぞれ違う重さの分銅が入れてあります。

このあと、腕を真横にして「まっすぐになった!」と知らせてくれました。

「うん、そうだね。そうゆうのを釣り合っているってゆうのよ。釣り合ってるね!」と◯くんの発見に共に喜びました。




話は全く飛びますが・・、


映画『ハリーポッター賢者の石』のなかで、
マルフォイがハリーに「家柄の良いトモダチの選び方を教えてあげよう」と手を差し出すのですが、

「イイよ。トモダチくらいジブンで選べる」

と言って固辞するシーンがあります。

どうしてハリーはこのようなことが言えたのか?

子どもたちには、たくさんあそんで仲間との関係の築き方や距離の取り方を学んでほしいと思います。

これは、大人が教えて身につけさせることは難しい領域だからです。あそぶ経験なくして知ることはないでしょうから。


経験が豊かな程、上手くなるものだと思います。





関連記事
  1. 心・身体の制御 5歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2
<<人生2年!いろいろできるんです。 | top | 「競争」じゃなくて「共創」>>


comment

弟はいいな…

タイムリーなタイトルでした。
公園で遊んでいると
知らないこどもたちが。
弟はかけていき、
まるで前からのお友達のように
輪の中に入り込んで
楽しそうにしていました。
もちろん、相手のこどもたちからすれば、
知らない小さい子が
勝手に混ざってる⁈だけの
状態なのですが。(笑)
兄はそれを見ながら
呟きました、

「弟ちゃんは、すぐにお友達になるねー。すごいねー!
お友達って、どうやったらできるのかなー……」
寂しそうな顔。
返事に困る私…。

遊びの経験値で
解決していくものでしょうか。
何か助言できるのでしょうか。

友達が大好きなのに
うまく自分から
入っていけないもどかしさが
伝わってきました。
  1. 2015/08/17(Mon) 10:27:01 |
  2. URL |
  3. 花の子 #Oj064oSo
  4. [ 編集 ]

兄はそれを見ながら呟きました。

「弟は、すぐにお友だちになるね。すごいね~
お友だちって、どうやったらできるのかな」
さみしそうな顔・・・。

とありました。お兄ちゃんが何歳なのかわからないのですが・・・

そんな言葉使いができるなんて「すごいあな~」とジジは思いました。

立ち止まって考えること、これをメタ認知と言います。メタとは上位の
という意味で、ジブンを振り返ることです。

その分、悩みも生まれてきます。

幼児の悩みは、ジタバタしたり、泣いたり、わめいたり、思い道理にならないことはママのセイニしたりと忙しいのですが・・・、

おおよそ7歳を過ぎてくると、ジブンの中で解決しようとしてきます。

「友だちが大好きなのに、うまく自分から、入っていけないもどかしさが、伝わってきました」

文脈だけからですが、いい感じですね。

弟が誰にでも打ち解ける性格だとしたら、兄は友だちを大切にする性格かもしれませんね。そんな気がします。

どのようなお友だちが現れるのでしょう?

もどかしい思いもしますが、楽しみですね。
  1. 2015/08/19(Wed) 19:13:57 |
  2. URL |
  3. ジジより #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/845-cbf822d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)