あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





2歳児さんの探求心 :: 2015/08/26(Wed)

2歳6ヶ月の◯ちゃん。

パズルを出してきて始めました。
一つひとつ丁寧にノブを把握して外した後は、迷いなく形の合うところへ入れることができます。

偶然撮れた瞬間ですが、上手くいったとき眼差しをスタッフに向けているのがわかります。

スタッフもその眼差しに応え、「できた!」を共有しています。

この共有の瞬間、安心や喜びといった情緒が安定するセロトニンという脳内物質が多く分泌されるのだそうです。



おつぎのパズルは、外したパーツをきれいに並べています。

動物や色の名前の言葉の数が増えてきました。

まだまだお母さんじゃないとわからないこともあるのですが、かなりの事がスタッフにも伝わるようになり、嬉しいのです!



あらかじめリングを外したプラステンを差し出してみました。

◯ちゃんは「ココ?」と一つひとつ尋ねながら(ほぼひとりごとのように)、手にしたリングを見つめて、色分けして棒にさしていきました。

1歳児さんの、「抜く」「入れる」行動からさらに進化して、2歳過ぎると「色分け」するようになるんですね。



家族一斉にバスタブに入ります。


今度は、みなでベッドに。

ドールハウスが家庭のひな壇を表していることがわかっているのでしょう。

人形と家具であそぶうち、ドアや階段に気づきました。

ドアを開けて隣の部屋に繋がることや、階段を途中まで追ってみたりして、このドールハウス全体にまで視野が広がっていく様子がありました。


前回もあそんでいたボルトとナット。

ボルトを持つ指を内転させながら締めていくことができます。

連続した手指の運動は、かなり難しいことだと思われるのですが、とても集中していました。

面白かったのでしょう。こんなにやりました。
あと一つ穴が残っていることにも気づきました。


家では、なかなかの困ったちゃんぶりを発揮してお母さんの手を焼かせているのだそうです。
リボンクラブで見せる姿に、「家では全くしないんだけどなぁ~」とこぼしておられました。

2歳児さんの「やってみたい!」に導かれて自然に動く身体からは安定感があります。


語彙数も増えて、これからの◯ちゃんとの会話が楽しみです。








関連記事
  1. いやだ!ちがう!2歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
<<綿の実が・・ | top | カプラを積んでみよう~!>>


comment

慎重で「シッカリ感」を感じさせるお嬢さんで、ジブンでできることが増えてきているようですね。

家ではなかなかの困った感を発揮して、お母さんの手を焼かせているとのことですが・・・・、

お母さんの枠組みの外の世界に関心を持ってきているのかもしれません。それだけにリボンクラブでは充実感を感じやすいのでしょう。

それにしても、2才半といえば家庭では「イヤ・ダメ・チガウ」のオンパレードだと思いますからこの時期に子育てで困らないでいられるママはいないでしょうね。

「魔の2歳児」という言葉もあるくらいです。

ところで、問題は「なぜ?イヤ、ダメ、チガウ、思い道理にならないとジタバタするのか?」ということです。

こんな態度をしていたら、パパやママに叱られる頻度が高くなって結局ジブンがソンををするのではないか?とも思えるからです。

一般的にはワガママな行動と勘違いされることも多いようですが、子どもの側から考えると、必要な戦略なのかもしれません。

ジジの独断ではありますが、2~4歳にかけては「イヤ」とはっきり言える子どもは、5歳過ぎにかけてジブンの行動に責任を持つ力が育ってくるように思います。

2歳半から3歳にかけて「ジブンでスル」という言葉がでてきますが、子どもたちにとっては「ジブンは何でもできるはずだ」という前提があるのかもしれません。

そして、困ったときは「ママは、何でもしてくれるはずだ」という前提も捨てきれないのかもしれませんね。

時間感覚もまだ育っていませんので「バスの乗り遅れるよ」という状況でも、ぐずぐずしています。時間に追われるような生活をしている大人にとっては、イライラするでしょうね。

できることが増えてくると、何でもして見たくなると思います。そして思い道理にならなかつたり、「できたぁ~」という経験を繰り返しながら、たくましくなっていくのでしょう。

「イヤ」という言葉が出てくる時期です。子ども自身にもどうしてそういう言葉がでてくるのか?分かっていないと思います。おそらく自然に出てくるのでしょう。

興味深いことは、あそびの中では「ハイ、ハイ」という言葉が出てきます。

あそびの中ではジブンが主人公になれるのでしょうね。「コックさん、バナナを持ってきてくださいませんか?」「ハーイ」という言葉が聞けるかも知れませんよ。













  1. 2015/08/31(Mon) 17:54:19 |
  2. URL |
  3. ジジより #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/856-e3380984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)