あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





秋のおさんぽ会 ~五月山公園~ ① :: 2015/11/08(Sun)


11/7秋のおさんぽ会

今回、リボンクラブの戸外活動が初めてのコや年少児も参加。


街路樹は紅葉し、落葉もいっぱい

でっかいおちばみーっけ!


笑い声を共鳴し合って、ガールズは仲間になっていく。



トイレ・お茶休憩のため公園に立ち寄る。
ここには、広場の他にも遊具もたくさん。
中でも、子どもが登れる木があるのが魅力。

木登りにはあまり関心はなかったよう。
遊具であそぶ。
グラグラする足場にチャレンジ!




ボーイズは肌を合わせて〝仲間〟になっていくよう。

フツーに滑るなんて面白くない!
もみくちゃになって下りてくる笑

連なって、団子になって。

そろそろ出発しますよー。
みんなびっしり汗💦休憩にはなってないような。

五月山がちかづくにつれ、なだらかな上り坂が続く。

荷物を背負って歩くことには慣れていない。

長い時間歩くのは疲れる。

「おなかすいたー。」

「おにぎり食べたい。」

「お弁当たべようよー。」

え!ココで?


あ!イイものはっけん。ジェリーさんの紐につかまって連れていってもらおう~

道端にネコちゃん発見!
みんなのテンションが一気に上がる⤴︎⤴︎⤴︎

驚いたネコちゃんはこの下に避難。
覗き込む子どもたち。

「ネコの目ひかってるー!」
「そうやで、くらいとこでは、目ひかるんやで」
と、口々に子どもたち

「ジェリーさんもみてみぃ。目、ひかってるで」

えっ?わたし?
まさかこの歳になって這いつくばって覗くことになろうとは・・笑


お茶が坂道を下るのを見る。

こんなこともおもしろい。

「こうえん まだー?」
「どうぶつ、どこおるん?」
「はやく、どうぶつ見たいー」

あともう少し!がんばろう。

キレイな落ち葉、どんぐりを採取。
秋の恩物に歩くエネルギーをもらいながら、一歩一歩歩みを進める。




五月山動物園到着

ふれあいコーナーにて。
囲いの中にはハムスター。

エサの草を一本ずつ持って食べさせる。




「ウサギって触るとどんな感じがするの?」

「フワフワしてる」

「この辺があったかい!」


子ども向けのワークショップに参加。
普段は入れないウォンバットの飼育小屋の中を
特別に案内してもらえるのだそう。

飼育員さんからウォンバットのお話しを聞いて予習。

飼育小屋およびウォンバットは撮影禁止のため、写真はありません。

巣穴や食べているものを見せてもらい、飼育員さんの話もよく聞いている。

見学のあとは、おさらいも含めたウォンバットすごろく。



子どもたちにそれぞれ100円を渡して、ジブンでエサを買う。

アルパカに。


ヒツジに。


ドキドキしながらも「触れる」ということは誇らしいのだろう。
触れたことを報告してくれる。


エミューにも。




われわれも昼食タイム

こうしましょう。
あぁしましょう。
と大人が指示しなくてもみんな思い思いのところにシートを広げてお弁当を食べる。
たくさんの家族連れにまぎれて一人だけどこかわからないところへ行ってしまうことはない。
「リボンクラブの仲間」という関係がわかっている。


ごはんを食べたら、おやつを分ける。

昔の大家族や兄弟が多い家族の模擬体験。
人数を数え、人数分の皿を用意し、おやつを一個ずつ分ける。それでも残るときは二個ずつ分ける。
余りからもう一個ずつ分けれるか考える機会にしたい。日々のこんな経験は加減乗除の概念を養う。



②に続く・・







関連記事
  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<秋のおさんぽ会 ~五月山公園~② | top | 手仕事はたのしい♪>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/903-2b8b5314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)