FC2ブログ

記事一覧

'15 クリスマス会🎄


今年のクリスマス会は、主に京都や大阪でライアー演奏の活動を展開しているジルフェさんにお越しいただきました。


ライアーの演奏を聴くのは、皆さん初めてのことだと思います。
なかなか静けさのなかで耳を傾ける経験は、都会の喧騒に暮らす私たちにそうありません。



はじめは子ども向けの曲を演奏🎶

クリスマスにちなんだものや、冬のわらべうた、ペンタトニック(ファとシのない音階)の曲など7曲を聴かせて下さいました。

こどもたち、静かに聴いていました。



じぃーっと聴いてばかりでは、子どもたちの集中力は持ちません~
手あそびうた

「ろうそくパッ、もひとつパッ。灯をつけたらクリスマス~♪」
ろうそくに見立てた左右の指を同じように立てて動かします。



「おちゃを飲みにきてください~🎶」


最後は参加の親子全員が輪になって、「いっぴきちゅう」というわらべうたあそびをしました。

たくさんの顔ぶれにドキドキしたり、距離が必要な子どもたちも、少し待ってあげると参加できました。

大きな輪がすぼんだり開いたりしてあそぶと、なんだか懐かしような不思議な気持ちになり、
みんなで笑い合うのを共有する感じがたまらなく居心地が良かったのです。(わたしが!)




これはワントーンライアーといって、弦は複数本ありますが、どこをなぞっても同じ音を奏でるライアーで、
小さな子どもから障がいのある人たちまで幅広く使えるのだそうです。

親子で並び、お膝に乗せて。
微笑ましい光景ですね。


こちらは小学生。



みんながしていることをするのは気後れするような子たちも、自分のペースでライアーに触れています。




ちょっと恥ずかしいけれども、ライアーに手が出ました!しっかり興味があることを表しています。



最後は、大人のための演奏を7曲披露してくださいました。



もしかしたら、子どもたちが飽きてしまって騒ぎ出すかもしれない。
そうなったら、大人の曲目は減らして別のことをしてもいいですね~と打ち合わせではしていたのですが、プログラム通り進行できちゃいました。


2015年がスタートしてすぐに出会ったライアーとのご縁に導かれて、約1年に渡りジルフェの方々とお付き合いさせていただきました。


ジルフェのみなさんは、あそびのアトリエがどんな教室なのか、また未就園児や就園時児さんの人数に配慮して下さり、
このクリスマス会をどう組み立てるのがよいのか尽力してくださいました。



赤ちゃん学会の小西先生や、音楽表現講座では今川恭子先生など多くの著名な先生方から
「赤ちゃんには子守唄を聴かせてあげて」、「胎教というと日本人はなんでモーツァルトを聴かせたがるの?その国のわらべうたがいい!」と学ぶものの、
曲を忘れてしまっていて、なかなかプレイングで発揮できないでいました。


この機会に、子守唄やわらべうたをもう一度
学び直したいなぁ~と思っているところです。



小さな教室ながら、
ご縁に恵まれて、ステキな音色を間近で聴く機会が実現できたこと。

温かい保護者の皆さまのご協力のお陰で
無事クリスマス会を終えることができましたことを、心より感謝申し上げます✨✨✨







関連記事

コメント

ステキですね〜
私も聞きにいきたかったなぁ☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数