あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





魔法の美術館 ② :: 2016/01/12(Tue)


小学生の冬休み最終日、年中さん、年中さん、3年生の息子の3人で魔法の美術館へ再び行ってきました。


写真は息子が撮ったものを使いたくて試みたのですが、家のPCがWindows10になってからというもの、これまでパパッと出来ていたデジカメの画像の取り込みの仕方がわからなくて敢え無く断念😝






年中さんの★くんのお気に入りはコチラ↓↓


始めは以前にも顔を合わせたことのある息子の後をついて会場内を回っていた★くんでしたが、
全ての作品を体験した後、「もう一度ジブンのやってみたいのはどれ? 行ってきてもいいよ」と言うと、

会場内を見回してわたしの顔を見ました。

どうしよう・・とでも言いたげな表情です。

わたしは「だいじょうぶ。」と大きくうなずいてニッコリ笑って見せると、意を決して
上の写真の作品の列に一人で並んでいました。


列に並び、順番を待つこと。
知らないお友だちのやることを見たり、聞いたり、感じたりすること。
案内係りの誘導に従うことなど、外の世界にはドキドキすることがたくさんありますね。





年長の◉くんのお気に入りはコレ↓↓

落ちてくる廃材が引っ付きあって、スクリーン前に立った人の背丈や動きに連動して動く仕掛け。

激しく動き回り、最後は他の廃材人間をパンチ、キックでやっつけ強さを表していました。
男の子は、強いことやスピード、大きいものへの憧れがあるようです。
終わったそばから再び列に並んでいました。



ガソの森では3人が物語りを共有。

普段から、絵本を読んでもらう機会が多いコたちなのでしょう。

この森の中で移動していると、ももたろう、赤ずきん、ガリバーの巨人、はだかの王様の行列、シンデレラ、さるかに合戦、三匹のこぶた・・・いろんな物語りや童話に出会えました。
これには3人ともが長くいました。







この日は雨降りではなかったので、美術館の外でおにぎりタイム。

「遠くに山が見えるでしょう?アレが、春に登る五月山よ~。五月山からもあべのハルカスが見えるものね。」

大阪を北側からと南側から眺めます。

ジブンの家はどの辺にあるかな?
ここは、ハルカス16階。高さが変わると視点も大きく変わりますね~~。


かくれんぼが始まりました。

ここでは走り回ってはいけませ~ん

デジカメを持ってきているので、
トリック写真に挑戦⇨⇨⇨


あれあれ?★くんと◉くんが、わたしの手のひらに乗っちゃいましたよ~!



小人になっちゃった?


遠くに立つ人、手前に立つ人、カメラマン、位置関係の指示をだす人と、役割が決まり各々のカメラで撮影会。

「もうちょっとこっちにきて!」
「こっちでどっち?」
「ミギによって!あ、ハンタイハンタイ」

などなど位置空間を表現することの難しさを経験して四苦八苦して撮っていました。



帰りの電車はまるで3兄弟笑

ジブンの撮った写真を嬉しそうに見せています。



おまけのスナップ

駅から駐車場に向かうまでの道に大きな溝があり、水もなくカラカラに乾いた状態。

ジブンの背丈近くある深さに飛び込み探検を楽しんでいます。

「降りるのは降りれたけど、さてどうやって上がってきますか?」

辺りを見回して、踏み台にできるものはないか?
よじのぼれそうな場所はないか探索し、
みごと這い上がってきました!


環境に合わせて使えそうなものはないか?
それに見合う体力や身体の使い方を身につけた頼もしい年長さんです。








関連記事
  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<はじめまして。おともだち! | top | 池田ルームの新しい木>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/939-bde06db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)