あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





ようこそリボンクラブへ :: 2016/01/19(Tue)

新しく仲間入りした☆ちゃん(1歳2ヶ月)。


☆ちゃんがお腹にいたときからこれまで何度も顔を合わせています。

リボンクラブの空間も知っている☆ちゃんです。




お母さんがお部屋の端に座り、わたしと話している間、お母さんの周りであそびます。


安心すると、写真のようにお母さんが視界に入っていなくても
お母さんの眼差し、気配を背中で感じながら離れてあそぶことができます。


取ってほしいモノ、共有を求めるときは指差しをして知らせます。

「☆ちゃん、クレヨン取って~」と☆ちゃんの足元を指差して手を差し出すと、クレヨンを拾って手に置いてくれます。


15分くらい離れてあそぶとお母さんのところへ戻り、エネルギーを補給すると再び探索へ出かけられる健康な☆ちゃんです。



人を呼ぶときは「パパ」?

たべものを要求するときは「マンマ」?

と聞こえると、お母さん。


笛のおもちゃにはしっかり息を吐き出すこともできるので、口腔筋肉の使い方、呼吸の調整を覚えながらプレスピーチの訓練を自ら行っていることでしょう。


あんよが上手になった☆ちゃん。
その足で外側の世界へと踏み出していくあなたの成長を共に見て、触れて、感じていきたいです。


どうぞよろしくお願いします❤︎



関連記事
  1. 小さな探検家1歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
<<『五歳以下の子どもの要求』 | top | ぼくってスゴイ!>>


comment

新しい仲間ができて良かったですね。

1歳2カ月ということで「いい感じ」です。

ダダコネも強くなってきて、ママもこれからが試練ですね。

ジジの子どもは、長女が34歳、長男が31歳です。親になるって大変だなぁ~と思うことはありましたが、今は親になれて良かったという気持ちの方が大きいです。

子どもの発達してゆく力を信じて、しっかり、ゆっくり、関わっていってほしいと思います。

じぇりーさんも楽しみですね。

「へぇ~、そんなことするんだぁ~」っていう風にたくさんのことが学べますもんね。

子どもが自力で学んでいきます。私たちはそれに沿って歩くだけです。

指さしも出来るようのなっているそうですね。

指さしの向こうに何があるのか?ママも関心を持ってください。

抽象的な言い方ですが「指さしの向こうには未来があります」

よ。
  1. 2016/01/21(Thu) 14:18:03 |
  2. URL |
  3. ジジより #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/945-71bbc1af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)