あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





ことばの汚れ :: 2016/02/23(Tue)

この日は、劇発表会の振替で幼稚園がお休みだったという★くん(5歳


10コの積木を使って「階段」を作ります。

★くんは下の段から上へと積んで完成させました。


箱に赤の列と白の列になるよう収納してくれました。

その後、布を被せて
「見えない積木は何個あると思う?」と尋ねました。


「うーん、わからない!」と言って、布をめくりました。

幼児にとって、見えているものから規則性を見つけだし、見えないものを推測することは難しいことです。

次は、8コの積木の立方体から1コだけ移動させた図面を見て、どの積木をどこへ移動したらいいのか考えるというものに挑戦してみました。

普段から積木であそんでいる★くんは、図面を見ると「これかな・・、ここかな・・」と目星をつけることができ、
このときは、見えていない積木のことも考慮に入れて考えることができていました。



ジブンでやめ時を決め、次は何をしようかと見渡し選んできたのは、粘土あそびでした。

幼稚園での粘土あそびの経験から、
「ぼくは粘土がすき」とジブンの作品を大切にいつくしんでいる様子が、★くんのことばから感じられました。

上の写真はラーメンの麺に細かな穴を開けているところ。それは熱心に、無数に開けていきます。

★くんは最近、池田にある『インスタントラーメン記念館』に行ってきたのだそうです。

乾麺が水分やスープを充分吸収できるための工夫として穴があるのだとか!

わたしも以前行ったことがありますが、そのようなことは忘却の彼方・・(もしくは、注目すらしなかったのか?)

★くんの記憶として新鮮で、面白い!と感じられたポイントがここなんだ、と思うとそれがとてもオモシロイです。


ここまでの記事では★くんが、終始 知的好奇心に満ちたあそびに集中しているように思われるかもしれませんが、
この日の★くんの口からついて出ることばは、
「チ◯チ◯!ウ◯チ!シ◯コ!」のオンパレード。笑い転げています。
よくもそんなに出てくるものだと感心するほどです。

「ねぇ★くん、そういうこと幼稚園でも言ってるの?」
「ううん、いわないよ笑」

「へー、じゃあ、おうちでは言ってるの?」
「ううん、いわない笑」

「えー?じゃあ、リボンクラブでだけ言ってるってことー?」
「うん、そうー笑」

「それ、どうゆうことよ。まったく!笑」
「あはは」

などと会話しました。
おまけに手にしたものはポイと投げ飛ばすなど、乱雑な扱いが目立ちます😅




ゲームを出してきましたが、既存のルールは無視して★くんルールに変更されました。

仕方ないのでお付き合いしましたが、その場の思いつきのルールではやはり上手く進行出来ず、幾度となくストップしてしまいました。
その結果、楽しめなかったのでしょう。
すぐに辞めてしまいました。


お休みの日を家で過ごし、粗大運動も充分なかったこともあってか、気持ちがソワソワしているようでした。

年中さんに進級した1学期間、緊張度が高く、
前の教室にあったマスコットを心の杖にして新しい教室で一人で適応しようと奮闘していた★くんでしたが、
リボンクラブでことばの汚れを吐き出せるほどリラックスして屈託なく笑い転げられるようになり、随分大きくなったものだと嬉しく思いました。

場所に緊張や不安がなければ、探索することに関心が向けられます。
★くんのことをよく知らず、外側からだけで判断したら悪いコになっちゃったんじゃないの?後退したんじゃないの?と思われるかもしれませんが、全くその反対です。



劇発表会では、大勢の前で「ドキドキした」と感想を聞かせてくれました。


お母さんの報告では、家や幼稚園でもしっかりおふざけモード全開のようで(さらに安心です!)
発表会のステージ上でもおふざけが過ぎ?何を言ってるのかセリフがよく聞き取れなかった、とのことでした。
「ドキドキしながらも人前に立った」それが今の★くんの精一杯の姿だったのだろうと思うのです。



常に接しているお母さんにしてみれば、イライラもするでしょうが、★くんが
ことばの汚れを表せるくらい周辺に安心感を得られているのはいいことなのではないでしょうか。
6歳のお誕生日を迎える前後には、第3の発達の扉を開いてゆくものだと推測できます。




関連記事
  1. 心・身体の制御 5歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<ひとりでできるように手伝う | top | 熊本から>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/967-9c76bd9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)